トータル・ワークアウトが提供するフードメソッドの考え方

パーソナル・トレーナーの、池澤智です。

前回のジャーナルでは、アメリカで広まった3つのダイエットメソッドについて、1990年代の「アトキンスダイエット」、2000年代の「サウスビーチダイエット」、2007年の「ゾーンダイエット」をお伝えしてまいりました。

本日は、さらにそのあと、アメリカの直近10年間におけるダイエットメソッド変遷と、日本においてトータル・ワークアウト がどのようにフードメソッドを構築していったのか?そのあたりを紐解いていきたいと思います。

2016年にはいると、「パレオダイエット」という考え方が出てきました。このパレオというのは、狩猟時代の昔の人たちがやってた食事をそのまま、今の人達に持ってきたら、免疫の高いカラダが作れるんじゃないか?という発想で、

いわゆる加工食品・添加物・化学調味料とかを使わない。そういうものを食べましょう、という考え方に基づいたものです。

果物とかお野菜とか脂肪の少ないお肉、海藻類、ナッツ、健康的な脂肪などを中心とした、低炭水化物食品となど、実は、今のトータル・ワークアウトが提供しているフードの考え方は、この「パレオダイエット」に一番近いものになります。

もう少し分かりやすく言いますと、健康的なオイルだったら摂取していいですよ、ただし、加工度合いの高いものや、アルコールなどは基本的には避けてくださいね。というものです。

自分の体の調子を狂わせるものは摂取しない。少しの食料で長く生きられる、という人間力を高めていく考え方になります。癌治療とかにもこのパレオダイエットが使われたりもします。

少し前ですと、マクロビオティックという手法もメジャーになりました。ご存知の方も多いと思います。ガンにならないためとか、ガンになった人がこれから再発しないために、自分の体の中に変な物を入れない、という考え方です。

ちなみに、「変なもの」の定義は何かと言いますと、ここでは、「カラダを酸化させやすいもの」と位置付けられます。

例えば、肉でいうと、火を通すと焦げができ、焦げついた肉は体内で酸化を引き起こしやすいということです。

だから、なるべく生、もしくは42度以下で調理されたローフードを食べて、焦げた肉は食べない、というのがマクロビオティックです。

パレオダイエットでは、肉は食べるのですが、脂肪の少ないお肉だったりとか、昔の人たちが自分の命を守るために最低限やっていた食事の考え方が中心となっています。

これが現代社会の裕福な食生活をしている人たちに、結構ヒットしています。だからトータル・フーズができたころから、現実味をもち、かつ現代風にアレンジするために、

アトキンス・ゾーン・パレオ、3つのダイエットメソッドの良いところを選択し、組み合わせて作り上げていきました。それがTWのフードの根本的な考え方になります。これらは全て、アメリカから生まれた考え方になります。

パーソナル・トレーナー 池澤智

 

ダイエット先進国アメリカのフードメソッド

 

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今日も引き続き、これまでアメリカで提唱されてきたダイエット方法をご紹介させていただきます。

 

ー1990年代:「アトキンスダイエット」

Dr.アトキンスが提案したダイエット法で、炭水化物を極端に少なくして、脂肪、タンパク質を中心にしたメソッドです。もともと1970年代から研究が進み、1990年代に一躍メジャーになりました。

もともとは、「脂肪は摂取してもいい」というところからスタートしたのですが、実際のところ、脂肪を食べ続けると、脂質のタンクにまた脂肪が入ってくるため、ダイエットとしては非効率だね、ということを理由に、脂質も摂取しない方向に変化していきました。

ローカーボかつ、ローファット。なので、それ以外のタンパク質を食べていきましょう!というのがアトキンスダイエットです。ちなみに、Dr.アトキンスは、ケビンが師事していたドクターです。

 

ー2000年代:「サウスビーチダイエット」

心臓専門医のアガストンが提唱したのが、サウスビーチダイエット。実はダイエットのスペシャリストは心臓専門医が多い傾向にあります。それは、太っていると心臓に負担がかかり、それが原因となって病気を発症していく傾向があるからです。

サウスビーチダイエットでは、ローカーボダイエットからさらに一歩進んで、より現実味を持ったメソッドになりました。

糖質を食事から全て抜かしてしまうと、エネルギーの初動で使うための糖質までなくなってしまうため、その結果、カラダは動きにくくなるのでは?ということに気がついたのが始まりです。さらに、糖質が少なくなると、心拍数があがりやすくなるということもあり、糖質を完全に抜くことは、心臓に負担がかかってしまうということも懸念されました。

そこで新しい考え方として取り入れられたのが、全く糖質を取らないのではなくGI値(グリセミックインデックス)が低いものをできるだけ食べましょう。というもので、これは日本でも結構本が出版されて話題になりました。

肥満症、糖尿病、心臓病などにかかわらず、安心して体重を減らせる方法ということで、人気がでました。糖質制限には変わりないけれども、もうちょっとやわらかくした感じのメソッドです。

 

ー2007年:「ゾーンダイエット」

バリー・シアーズ博士が考案したダイエット法で、1日の食事を、炭水化物:脂肪:タンパク質=4:3:3の割合で食べましょうというもの。

この割合は、これまでのアトキンスダイエットやサウスビーチダイエットの結果から考察されたものですが、これまでのダイエットと違うのは、「1日の食事を5回」にしましょう、というところ。

食事の回数を小分けにすることで、体内の血糖値が上がりにくい状態に保ち、肥満になりにくいカラダに整えていくことが狙いです。

 

私たちトータル・ワークアウトとしては、この、アトキンスダイエットと、ゾーンダイエットを組み合わせ、さらに日本人に合うようにカスタマイズしながら、食事のメソッドをご提供してきました。

日本人はアメリカ人より勤勉だし元々のカラダのつくりが小さい。だから食事コントロールをすることで、 効率的に結果をだしていけるだろう。ケビンが描いた、日本のトータル・ワークアウトにおける食事のありかたの基本がここにあります。

 

パーソナル・トレーナー 池澤智


 

ダイエット先進国アメリカのフードメソッド

 

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今日は、ダイエット先進国アメリカで提唱されてきたダイエット法について、時系列ごとにお伝えいたします。

 

1990年代:「カロリーオフ、ローファット、ファットフリーダイエット」

この頃は、「とにかくカロリーを無くせば、痩せるんじゃないか?」

食べた量が、動く量より少なければ、その人は太らない。動く量のほうが少なくて、食べた量の方が多くなると、太る。という原理が提唱されていました。

これらがうまくバランスが取れてるから人は体重を維持できる、という発想なのですが、食べ物は三大栄養素つまり、脂肪・糖質・タンパク質に分けられるので、この3つの栄養素のバランスをどう整えればカロリーが低くなるか?ってことを考えたのが、この時代の特徴です。

例えば、脂肪と糖質とタンパク質があったら、脂肪だけが1グラムあたり9キロカロリーであるのに対し、糖質とタンパク質は、1グラムあたり4キロカロリーという熱量を持っています。なので、1グラムあたりの熱量が多い脂肪を食べる量を減らすことによって、もしも同じグラム数を食べた場合には、カロリーが減る。という考え方です。

「とにかく脂肪を減らせば、何カロリーかオフできるよね」と言ったのが、一番最初のダイエット始まりになります。ノンファットといったキーワードが聞かれるようになり、アメリカは一時期ノンファットブームになりました。ポテトチップ、チーズ、バター、ミルクなど、ノンファット商品が登場しました。

さらに、ノンファットには税金かけません!と言ったぐらい、国をあげて取り組みがなされました。でも、どれも美味しく食べれる物ではなく、ノンファットブームはあまり続きませんでした。また、「脂肪を減らしたら本当に人は痩せるのか?」というところの研究が進んだ結果、たとえ脂肪を食べなかったとしても、体の中の脂肪が消費されていく順番は2位だということが分かりました。1位は糖質でした。

体内のエネルギーは、糖質から使われ、脂肪がセカンドで使われます。つまり、このセカンドの脂肪を食事で抑えたところで、使われるエネルギーの1番目にはなってないので、体のなかの脂肪は残ったままになることが分かりました。食事から脂肪を減らしても、脂肪が体内に入ってこないだけで、体の中にある脂肪は減らすことができなかったという結果が出ました。『体重は落ちたけれども、体のラインはあんま変わらないよね』ダイエットを試みた人たちは、そんなことに気がつきました。

脂質は全然燃えなくて、体重が落ちたとしても体のカタチが変わらなかったら、ダイエットっていえるのかな?と欲が出てきた。そんな変遷がありました。そんな変遷を経て登場した1990年代の次なるダイエット法、アトキンスダイエットについて次回はお伝えさせていただきます。

パーソナル・トレーナー 池澤智

LA、NYにおける最先端のフードメソッド

 

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今日は、「TOTAL FOODS」の食事の考え方、についてお伝えしてまいります。

 

TOTAL FOODSは、アメリカの食のカルチャー(特にLAとNY)を、長年に渡りリサーチしながら、それを元に、日本人に見合ったカタチにカスタマイズしています。

なぜ、アメリカか?と言いますと、それにはこんな背景があります。

まず、アメリカ人の死因の第一位は、心臓疾患です。

日本人の死因の第一位が「ガン」であることとは対照的な結果です。

このような結果がでる直接的な原因としては、「肥満」があります。必要以上の脂肪は、心臓に負担をかける、ということになりますが、今もなお、アメリカ人の成人の3分の2は肥満であるといわれています。

そのなかで、ダイエットや食生活を気にする人もとても多く、フィットネスユーザーはアメリカ全土で17.4%。日本人のフィットネスユーザーは4%ですから、これだけを見ても、アメリカはカラダやダイエットへの意識が大きく違うことが分かっていただけるかと思います。

さらに、アメリカにおいて食の研究が進んでいる理由として、「保険料が異常に高い」ということがあげられます。

保険を払っていれば、万が一、大きな病気になたとしても助かる可能性が高まりますが、実際のところは、約6割の人たちは保険を払えてない。なので、死因につながる原因を事前に排除しておくことが、自分の生活を守る意味でもすごく大事なことになります。

分かりやすい例を挙げますと、かつてアメリカでは、電話で保険を申し込む時、体重と身長を伝えることによって、保険料保険料が決まっていました。現在では、血糖値や体脂肪率なども考慮され、体脂肪率が男性で23%以下、女性で30%以下、であれば保険料が安くなる。そんな傾向もあります。

つまり、体脂肪率に対して付属してくる要素が多いため、アメリカはダイエットの先進国にとなっていきました。ものすごく研究が進んでいます。

ちなみに、著名人など影響力が高い人達は「ダイエット」を発信することで、もっと影響力を広げられることが分かっているため、マドンナ、ジェニファーロペス、といったアーティスト・モデル・女優たちも、カラダつくりのことを世の中に広めている、そんなベースがあります。

次回は、ダイエット先進国アメリカで一世風靡した「ダイエットメソッド」について、詳しくお伝えしてまいります。お楽しみに。

 

パーソナル・トレーナー

池澤智

 

トレーニングジムがフードサービスを提供する理由

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

私たちトータル・ワークアウトでは、パーソナル・トレーニングを主とするサービスをご提供しているだけでなく、そのトレーニングの効率をより高めていくための食事のサービスにも力をいれています。

食事のサービスと言っても、単に、その人の1日のカロリー摂取量をコントロールするためのアドバイスをすることにとどまらず、「TOTAL FOODS」というブランドにおいて、ご利用いただく会員のみなさま、一般のお客様のライフスタイルにご対応できるよう、イートイン・テイクアウト両方が可能なカフェをジムに併設ししたり、さらには、ひとりひとりにカスタマイズされた食事をご自宅までお届けする、宅配サービスまでを行なっています。

<トレーニングジム×フードサービスの先駆け・TOTAL FOODS>

日本においても、スポーツジムが増え、パーソナル・トレーニングといった職業が一般的に認知されるようになった現在においても、当社以上に食事のサービスに力をいれ、実際の食事を提供しているジムはおそらくありません。

フード事業を運営するということは、こだわりの食材の仕入れにはじまり、キッチンや物流機能を完備すること、賞味期限・安心・安全への考慮、といったきめ細やかな管理体制を整えながら、かつ、美味しく飽きずに楽しく食べ続けられる。そういった会員さんのニーズにお応えし続けることが求められますので、ジムの運営だけでも日々やるべきことがたくさんあるなかで、フード事業を展開することは相当な「想い」がなければ現実的はすごく難しいことだと、当事者の私が強く感じています(笑)。

今日は、そんな私たちが「TOTAL FOODS」というブランドでフードサービスを提供することに至った背景、想い、そのあたりを今日からお伝えさせていただけたらと思います。

<ドクターが提唱する食事の考え方を採用>

私たちがご提供するフードメニューの開発の裏側には、単に、筋力UPやダイエットといった考え方があるだけではなく、実は、健康や寿命と向き合う「医療」分野の専門医と共に開発を重ねてきた、そんな歴史があります。

なぜならば、私たちトータル・ワークアウトは、会員のみなさまへ、「最短で最大の結果をだすこと」と共に、「あなたの人生を最高に充実したものにすること」。こういった理念の元に活動を続けているトレーニングジムだからです。