筋肉痛などの傷みをやっつける方法(How To Hack Your Body’s Soreness )

 

皆さんも一度は経験のある『筋肉痛』。

運動や重い荷物を長時間持つなど、慣れない動きをすることで筋繊維が破壊され、 その損傷を修復する過程で痛みが生じると考えられています。 今回はその筋肉痛を軽減するためのヒントをご紹介します。

 


 

我々は「痛み」を感じます。

たとえばジムでの過酷なセッションやその他の何か激しい運動によって痛みを感じる事があるかと思います。 時にはその痛さが、気分が良いと感じる事もあるかもしれませんが、時には最悪な気分になる事もあります。

私たちの身体は高い強度で運動すると、筋肉の微小な穴が裂けてしまいます。 そしてその強度の高いトレーニング/活動が終了すると、私たちの体は筋肉を再構築しようと回復プロセスを開始します。この過程によって通常痛みを感じます。

これは非常に一般的な筋肉痛の症状ですが、結果的に炎症が酷くなってしまう可能性もあります。

これらの影響を少なくするためのヒントとコツを紹介します。

 

《痛み対策の簡単な方法》

 

1. 水分補給、水分補給、水分補給!

これは非常に簡単に行えます。また通常であれば、特に気にかけて取り組むべきものではないですが、 運動後は、失った水分をすべて補給することが非常に重要です。 身体が脱水されると、それが原因でさらに痛みを伴う筋肉痛を引き起こす可能性があります。

 

2. ワークアウト後にプロテインなどでタンパク質摂取すること

タンパク質は筋肉回復のための重要な主要栄養素です。 ワークアウト後のタンパク質を最適な量摂取することで、筋肉がさらに悪化するのを防ぐことができます。

 

3. 炎症を誘発するような食品を制限する(加工糖や飽和脂肪など)

代わりに、回復プロセスのスピードアップを助けるために、魚、葉の多い緑、およびいくつかの果実などを組み合わせて摂取してください。

 

4. ストレッチ、ストレッチ、ストレッチ

筋肉痛を和らげるわけではありませんが、前後にストレッチをすることが重要です。 ストレッチは筋肉を柔軟で活発にして健康に保ちます。 ストレッチしないと、筋肉が短く固くなり、筋肉が損傷するリスクを高めます。

 

5. 分岐鎖アミノ酸(BCAA)

これは、トレーニングの前、最中、または後に水に混ぜて飲むことができるサプリメントパウダーです。 BCAAは、運動中のタンパク質分解を減少させ、筋肉損傷の兆候であるクレアチンキナーゼのレベルを減少させることが研究により示されています。

 

もしどれくらいの筋肉痛だったらワークアウトをやめるべきか分からないと思っているのであれば、皆の身体はそれぞれ異なります。ある人にとってはとても良いのに他の人にとって有害かもしれません。ただし、全般的に移動中、歩いているとき、または階段を降りているときに痛みがある場合は、1〜2日は身体を休める必要があります。 もしふくらはぎが前のトレーニングで少し痛む程度であれば、おそらくヨガ程度の運動であれば翌日に行っても大丈夫です。

私たちが覚えておくべきなのは、筋肉痛は私たちの筋肉が炎症を起こしているということです。

時には最適なトレーニングは身体を休めるという事もあります。

 

Continue Reading|続きを読む

What is Collagen? Why is it Important? Plus Tips to Naturally Promote Collagen Production (コラーゲンとは何か?その生産を自然に促進するためのヒント)

COLLAGEN健康や美しいBody Lineに対して感度が高い人々が行き交うLA/NYC。健康的でパワフルなロサンゼルス(LA)、繊細でスタイリッシュなニューヨークシティ(NYC)、それぞれのTrendをモデルAlexandriaが、紹介します。

肌のハリや弾力性をもたらす効果、関節痛などの緩和などでみなさんもご存じの『コラーゲン』たんぱく質の一種であるコラーゲンは体内のあらゆる組織に存在しており、全体重の15分の1を占めています。

今回はそのコラーゲンの大切な役割や、カラダの中でコラーゲン生産を自然に増加させる栄養素についてご紹介いたします。

 

As collagen trends continue to blossom, so does the world’s interest and awareness for it. Did you know that the global collagen market size is forecasted to reach $7.5 billion dollars by 2027? As the most abundant protein found in the body, collagen rightfully deserves the attention it’s getting. Plus, it’s what directly makes our skin radiant and youthful. However, as we age we lose about 1% of it each year. Though this occurs naturally, there’s still a lot that can be done on our part to help preserve the natural collagen that we already do have.

What is Collagen?:

Collagen is the most available protein found in the body. It is one of the primary foundations of the skin, bones, muscles, tendons, and ligaments. When collagen levels are abundant, cells that contain collagen take on an energetic youthful appearance. There are at least 16 different types of collagen, but 80%-90% of it in the body consists of types I, II, III and IV.

Type I: Responsible for 90% of your body’s collagen and is made of densely packed fibers. Type I is thought to provide structure to skin, bones, tendons, cartilage, connective tissue, and teeth.

Type II: Is the major collagen in cartilage, and consists of more loosely packed fibers which helps to protect and cushion joints.

Type III: Aids the structure of organs, arteries, and muscles.

Type IV: Is commonly found in our skin and it supports filtration.

Benefits of Collagen:

Collagen is one of the trendiest words in the wellness world and rightfully so. This protein is what helps your skin stay firm and resilient while also providing your body with structure and support. As we get older our levels of collagen will naturally drop 1% each year starting at around 25-30 years of age. And though that may seem bleak, there’s still a lot that can be done to protect our skin. By boosting collagen naturally you can improve your skin’s appearance and more importantly, your overall health. Collagen is known to provide strength to your muscles, skin, cartilage, blood, bones, ligaments. Supplementing with collagen has been shown to benefit skin health, relieve joint pain, and prevent https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25314004.

Nutrients to Naturally Increase Collagen Production:

It’s important to know that all collagen starts off as procollagen. Meaning, your body makes procollagen by combining two amino acids one being glycine and the other proline. This development uses vitamin C.

See below for the list of nutrients and foods that can help increase collagen production.

Aloe Vera: Commonly known for its wound-healing benefits aloe vera actually productiincreases collagenon when taken orally or topically.

Vitamin C: Plays a major role in the production of procollagen which is the body’s precursor to collagen. Foods that are rich in vitamin C are strawberries, citrus fruits, blueberries, blackberries, cilantro, broccoli, and bell peppers.

Glycine: Is the most abundant amino acid found in collagen. By eating glycine-rich foods you can naturally help your body’s production of collagen. These foods consist of bone broth, meat/ poultry (mainly the skin and connective tissues), spirulina, seaweed, and eggs.

Proline: This is an a-imino acid that plays an important role in protein synthesis. Its main functions are helping form collagen, regenerate cartilage, form connective tissues and repair skin damage and wounds, help heal the gut lining, and repair joints. Along with the amino acid glycine, proline is the primary amino acid involved in the synthesis of collagen. This occurs when it’s converted into hydroxylysine and hydroxyproline in order to help form collagen. Some foods that are rich in proline are egg whites, cabbage, asparagus, mushrooms, wheat germ, and dairy products.

Copper: Copper is linked to the enzyme lysyl oxidase and biochemically, copper is a cofactor for the enzyme and more importantly, a determinant of its activity in the connective tissues. This study shows that the synthesis of mature elastin and collagen can be controlled by the availability of copper.

Foods that are rich in copper are organ meats, sesame seeds, cocoa powder, cashews, and lentils.

How to Supplement with Collagen:

Powdered collagen supplements are a great way to naturally increase production levels. When looking for powdered collagen be sure to get hydrolyzed collagen or collagen peptides as it’s easier for your body to absorb. Many have seen noticeable differences in their skin, gut, and overall hydration when supplementing.

What Damages Collagen?:

While our attention is focussed on how to naturally produce more collagen, it’s also important to understand what can damage and destroy collagen.

Smoking: It’s no surprise that smoking is a big culprit to degrading collagen. Smoking can impair wound healing and lead to wrinkles due to its production of free radicals which turns into oxidative stress. Also, tobacco smoke reduces the immune response and activates metalloproteinase, an enzyme that damages collagen.

Limit Refined Carbs and Added Sugar:Sugar impedes with collagen’s capacity to rehabilitate itself by damaging the bonds between collagen and fibers. Because refined carbohydrates quickly metabolize into sugar, it’s best to limit your refined carbohydrate intake and sugar intake.

Not using SPF: If you’re already a skin lover, you know how important using SPF is. Ultraviolet irradiation is one of the riskiest external components that is a byproduct of physical and chemical alterations in living organisms. Excessive UV radiation creates free radicals which in turn, damages collagen and allows wrinkles and bruising to occur easier due to the impaired cell response in the skin. Using a sunscreen that has zinc oxide and SPF 30 or SPF 40 will help protect your skin.

 

コラーゲンのトレンドが進むにつれて、それに対する関心と意識も世界中で高まっています。 世界のコラーゲン市場の規模は2027年までに75億ドルに達すると予測されていることをご存知ですか?体内で最も豊富なタンパク質であるコラーゲンは、当然注目に値します。 さらに、それが私たちの肌を直接明るく若々しくするのです。 しかし、年を重ねるにつれて、毎年その約1%が失われます。 これは自然現象ですが、私たちがすでに持っている天然のコラーゲンを保護するために、私たちができることはまだたくさんあります。

コラーゲンとは何か?

コラーゲンは体内で見つかる最も活用可能なタンパク質です。 皮膚、骨、筋肉、腱、靭帯の主要な基盤の1つです。 コラーゲンレベルが豊富である場合、コラーゲンを含む細胞はエネルギッシュで若々しい外観を帯びます。 コラーゲンには少なくとも16種類のタイプがありますが、体内の80%〜90%はタイプI、II、III、IVで構成されています

タイプI:身体のコラーゲンの90%を担い、繊維が密に詰まっています。 タイプIは、皮膚、骨、腱、軟骨、結合組織、歯の構造に活用すると考えられています。

タイプII:軟骨の主要なコラーゲンであり、関節を保護しクッションに役立つ、より緩く詰められた繊維で構成されています。

タイプIII:臓器、動脈、筋肉の構造を助けます。

タイプIV:私たちの肌によく見られ、ろ過のサポートをします。

コラーゲンの利点

コラーゲンは、ウェルネスの世界で最もトレンディな言葉の1つです。 このタンパク質は、あなたの肌をしっかりと弾力のある状態に保ち、身体に構造とサポートを提供するのに役立ちます。年を取るにつれて、コラーゲンのレベルは自然に25-30歳くらいから毎年1%低下します。 それは暗い話のように思うかもしれませんが、私たちの皮膚を保護するためにできることはまだたくさんあります。 自然にコラーゲンを増やすことにより、あなたの肌の外観を改善し、さらに重要なことに、全体的な健康を改善することができます。 コラーゲンは、筋肉、皮膚、軟骨、血液、骨、靭帯に強度を与えることが知られています。 コラーゲンの補給は、皮膚の健康に役立つこと関節痛を和らげることが示され、骨量減少を防止します。

コラーゲン生産を自然に増加させる栄養素

すべてのコラーゲンはプロコラーゲンとして始まることを知ることが重要です。 つまり、身体は2つのアミノ酸を結合してプロコラーゲンを作ります。1つはグリシンでもう1つはプロリンです。 この過程ではビタミンCを使用しています。コラーゲンの生産を増やすのに役立つ栄養素と食品のリストについては、以下をご覧ください。

アロエベラ:創傷治癒効果でよく知られているアロエベラは、経口または局所摂取すると、実際にコラーゲン産生を増加させます。

 

ビタミンC:コラーゲンの前駆体であるプロコラーゲンの生産で主要な役割を果たします。 ビタミンCが豊富な食品は、イチゴ、柑橘類、ブルーベリー、ブラックベリー、コリアンダー、ブロッコリー、ピーマンです。

 

グリシン:コラーゲンに含まれる最も豊富なアミノ酸です。グリシンが豊富な食品を食べることで、体内でのコラーゲンの生成を自然に助けることができます。これらの食品は、骨スープ、肉 (主に皮膚と結合組織)、スピルリナ、海藻、卵で構成されています。

 

プロリン:これは、タンパク質合成で重要な役割を果たすa-イミノ酸です。 その主な機能は、コラーゲンの形成、軟骨の再生、結合組織の形成、皮膚の損傷や傷の修復、腸の内層の治癒、関節の修復に役立ちます。 プロリンはアミノ酸のグリシンとともに、コラーゲンの合成に関与する主要なアミノ酸です。 これは、コラーゲンの形成を助けるためにヒドロキシリジンとヒドロキシプロリンに変換されるときに発生します。プロリンが豊富な食品には、卵白、キャベツ、アスパラガス、キノコ、小麦胚芽、乳製品があります。

 

:銅は酵素リシルオキシダーゼと生化学的に関連しており、銅は酵素の補因子であり、さらに重要なことに、結合組織におけるその活性の決定因子です。 この研究は、成熟したエラスチンとコラーゲンの合成が銅の利用可能性によって制御できることを示しています。銅が豊富な食品は、肉(内臓)、ゴマ、ココアパウダー、カシューナッツ、レンズ豆です。

コラーゲンを補う方法

粉末コラーゲンサプリメントは、生産レベルを自然に高める優れた方法です。 粉末状のコラーゲンを探すときには、体が吸収しやすい加水分解コラーゲンまたはコラーゲンペプチドを選んでください。 多くの人が皮膚、および水分補給全体で違いを感じる事でしょう。

コラーゲンにダメージを与えるもの

私たちは、どうやってより多くのコラーゲンを自然に生成するかに焦点を当てがちですが、何がコラーゲンを破壊するのかを理解することも重要です。

喫煙:喫煙がコラーゲンの分解の大きな原因であることは当然のことです。 喫煙は、酸化ストレスに変わるフリーラジカルの生成により、創傷治癒を損ない、しわを引き起こす可能性があります。 また、タバコの煙は免疫応答を低下させ、コラーゲンを損傷する酵素であるメタロプロテイナーゼを活性化します。

精製された炭水化物と糖分の制限:糖分は、コラーゲンと繊維の間の結合に損傷を与えることにより、コラーゲンが自身をリハビリする能力を妨げます。 精製された炭水化物はすぐに糖分に代謝されるため、精製された炭水化物の摂取量と砂糖の摂取量を制限するのが最善です。

SPF不使用:すでに肌への関心が高い人なら、SPFを使用することがいかに重要かをご存じでしょう。 紫外線照射は、生物の物理的および化学的変化の副産物である最も危険な外部コンポーネントの1つです。 過剰な紫外線はフリーラジカルを生成し、次にコラーゲンを損傷し、皮膚の細胞応答の障害により、しわやあざが発生しやすくなります。 酸化亜鉛とSPF 30またはSPF 40を含む日焼け止めを使用すると、肌を保護するのに役立ちます。

These Skin Habits Might Be Sabotaging Your Skin Health.(皮膚にとって悪い生活習慣は、肌の健康に害を及ぼすでしょう)

スキンケア

 

康や美しいBody Lineに対して感度が高い人々が行き交うLA/NYC。健康的でパワフルなロサンゼルス(LA)、繊細でスタイリッシュなニューヨークシティ(NYC)、それぞれのTrendをモデルAlexandriaが紹介します。

人によってお肌の悩みは様々です。 敏感肌、乾燥肌、脂っぽさ、ニキビ、吹き出物、シミ、シワ、タルミなど…。 実は普段、何気なく摂っている食事やケアの方法など生活環境がお肌に大きく影響しています。 今回はお肌をより美しく保つために気を付けるポイントをお教えいたします。

Do you struggle with your skin? I’ve rounded up some tips that might help you achieve better skin. A lot of us do things daily that contribute to poor skin and don’t even realize it. It’s okay, you’re not alone. Take a look at the list below. You might be surprised!

Sugar, Sugar, Sugar

Studies have shown sugar can stand in the way of looking youthful. Meaning it’s aging. Constantly spiking our insulin levels and then later crashing is an unhealthy cycle that many of us subject our bodies to, and our skin reflects it. Try making more informed choices and pay close attention to how much sugar is in the prepared foods you buy. A lot of “healthy” packaged foods contains high amounts of sugar and carbohydrates which will be sure to send you on a glucose rollercoaster- your insulin will be spiked, you’ll be feeling great for 90 minutes and then come crashing down wanting more sugar or carbohydrates. It’s a never-ending cycle. Set your mornings up for success (make sure you’re eating some greens, fiber, fat and protein) and you’ll be less likely to make poor choices throughout the day, and your skin will thank you!

You Might Not be Drinking Enough Water

We all know that water is a necessity our bodies need, and a lot of us are under drinking. It can be overwhelming to try and get 8 glasses of water in a day but it really helps transporting nutrients to the places they need to go. Water also helps flush out the toxins that we don’t want sticking around. Not a fan of water? Try squeezing a lemon or lime into it, or adding a couple frozen berries for some natural flavor. Eating your water is important too. Cucumbers, tomatoes, jicama, beets, carrots, and celery have high amounts of water and are easy ways to improve your hydration.

Products that Contain Alcohol

Alcohol is placed in skincare products so ingredients can mix together to form a finished product- meaning a product that won’t separate. They also act as preservatives, and temporarily shrink your pores. Here’s why you want to avoid it. Most alcohols used in skincare are drying, irritating, and damaging to your skin. Many contain petroleum-derived additives that you definitely don’t want anywhere near your face.

Unforgiving Ingredient Addictions

Skin adapts to what you put on it. If you’re feeding it well, that’s great! If you’re not, there can be problems ahead. A common ingredient that skin gets addicted to is benzoyl peroxide. Commonly used for clearing up acne- it clears the skin up by killing bacteria and reducing oil production. Long term, it’s extremely drying (for most skin types), essentially working like bleach. Why would we want to do that to ourselves? Be sure to look at the ingredient list closely and decide if it’s worth it to you.

Toxic Laundry Detergent

This is something a lot of us neglect to think about. Some chemicals found in laundry detergent are linked to cancer, lung damage, and hormone disruption. Your clothes are on your body all day and you sleep on your pillows all night, so you might want to think twice about the detergent you use. To be completely honest, the chemical detergents you’re using aren’t causing your acne/wrinkles, but it certainly isn’t helping either. Try switching to a more natural brand that doesn’t contain harsh chemicals.

Leaving Makeup On Overnight

I get it. You’re tired, it’s been a long day and you’re about to fall asleep. But please don’t. Wash your makeup off! Naked skin is happy skin. Especially if you’re wearing chemical makeup brands, you want to give your skin a break overnight. Also, make sure you don’t wear makeup while working out. When you sweat, your pores open up and dirt, oil, and makeup will get in there. And lastly, you’ll have makeup stains on your pillowcases. So please, wash that stuff off before bed!

Exfoliation

As you get older, your rate of cell turnover declines and your need for regular exfoliation rises. Giving your skin a good scrub gets those dead skin cells off and encourages new ones to form. Also, if you’re using expensive products that are potent (like anti-aging ones) you want to make sure they’re absorbing well. Otherwise, they’re just sitting on top of dead skin cells not really doing anything. However, you can exfoliate too much, so finding a balance is essential. For most people, 2 times a week does the trick. But as you age you might want to consider exfoliating 3-4 times a week. If you have acne or sensitive skin be careful not to exfoliate too forcefully.

Processed and Packaged Foods

Our skin is a reflection of our overall health and diet. It’s an indicator of what’s going on inside. So stick to eating real whole foods and avoid overly packaged and processed foods. If you can’t pronounce the ingredient list on the back, or see easily that it’s made with real whole food ingredients stay away. There’s no point in spending money on an item that’s going to make you feel less than ideal while compromising your skin health at the same time.

自分のお肌について悩んだ事はありませんか?お肌をよりよくするコツをまとめてみました。私達は日々の生活の中でお肌ケアをしていますが、結果的にあまり効果のないことにも一生懸命に努力してしまっていることがあります。でも大丈夫、あなただけではなく多くの人達も同じように悩んでいます。リストにまとめましたので、ご覧ください。中には驚かれるような事もあるかもしれません。

糖、糖、糖

糖分は、若返りの妨げの原因になっている研究結果があります。その糖分は体内のインシュリンレベルを定期的に上昇させ、身体の様々な部分を不健康なサイクルに結びつけ、お肌にも影響します。食材を購入する際や普段からどの食材にはどれくらいの糖分が含まれているか、もっと注意深く意識する必要があります。「ヘルシー」と記載がある食材でも、実際には糖質や炭水化物を多く含んでいて、ブドウ糖まみれになってしまうことがあるかもしれません。糖分を多く摂取すると体内のインシュリンレベルは上昇し、90分くらいは良い気分で過ごせるかもしれませんが、その後は、もっと糖分を欲するようになり、永遠に止まることはありません。朝には緑葉野菜、食物繊維、脂肪分、とプロテインが含まれる物を食べるようにしましょう。そうすれば一日を通して甘い誘惑に負ける事なく、お肌にもとても良い影響をもたらします。

もしかすると水分不足?

水は私達の身体にとって必要不可欠です。でも水分が足りていない人はとても多くいます。ちょっと多く感じるかもしれませんが、日中にコップ8杯の水を飲むようにすれば、体内の栄養分をカラダに届ける手助けをしてくれます。また体内に留まってほしくない毒素を体内から排出してくれます。無味のお水をそんなには飲めないという方もいらっしゃいますよね?それであれば試しにレモンやライムを絞ってお水に足してみてください。もしくは、冷凍ベリーを追加すると自然な甘みが足されます。食物から水分を摂取する事も大切です。きゅうりやトマト、葛芋、ビーツ、人参、セロリは多く水分を含んでおり、水分補給にはもってこいです。

アルコールを含む製品

アルコールはスキンケア商品にも含まれていて、様々な原材料が分離してしまうのを防ぐためにアルコールは不可欠です。またアルコール成分は防腐剤にもなり、一時的には毛穴を消すこともできます。ここまで見ると良いことばかりなのですが、アルコールは避けなければならないのには理由があります。ほとんどの化粧品に使われているアルコール成分は、乾燥や刺激を引き起こし、お肌にダメージを与えます。さらには石油由来の添加物が多く使われており、顔まわりの肌には絶対に使用したくないものなのです。

使ってはいけない成分を常用しているかも…

お肌には適応力があります。なので、肌に合うものを使っていれば良いのですが、もし合わないものを使用しているとなれば問題が起こってしまいます。よく目にする成分で中毒性があると言われているのは過酸化ベンゾイルです。にきびケア製品などによく使用されていて、バクテリアを殺して皮脂の発生を止める効果があるのですが、簡単にいうとブリーチのような物を顔に塗っているわけです。そう考えると自分の顔にその成分を塗るのに抵抗を感じませんか?何か購入する際には必ず自分にとって良い物かどうか、含まれている成分をよく確認することをおすすめします。

洗濯用洗剤に含まれる毒素

これは多くの人があえて考えないようにしていることでしょう。洗濯洗剤には、癌、肺障害、ホルモン誘導などに関係する有毒な化学物質を配合しているものがあります。私たちは毎日洋服を身にまとい、そして寝る時には枕を使うと思います。朝の着替えとおやすみの時と、2度洗剤について考えるタイミングがあるでしょう。正直に言うと、あなたが使っている洗濯用洗剤に含まれている化学薬品が、しわやニキビの原因になることはありません。ですが、それらをカバーする有用な成分でもないのです。もっとナチュラルなブランドで余計な化学物質の入っていない洗剤を使っても良いかもしれませんよ。

お化粧は必ず落として寝ましょう

分かります、とても疲れているときや、とても長い一日を過ごした日は、何もせずに寝てしまいそうになります。でも駄目です!お化粧はしっかり落としてから寝て下さい。素肌は幸せ肌です。特に一日中化学物質を含んだお化粧をまとっていたのであれば、少なくても一晩はお肌を休ませてあげないと。あと気を付けないといけないのは、アークアウト時のメイクはNGです。汗をかいて、毛穴が広がった時は、メイクの汚れや成分がお肌の中に入ってしまいます。そして最後に、なによりあなたの枕カバーがべったりお化粧で汚れてしまいますよ。だからベッドに入る前に必ずお化粧を落としましょう。

角質除去

年をとるにつれて、細胞の再生回数は減少して、角質除去をしないといけなくなる回数は増えてきます。お肌のために、良いスクラブを使ってあげると、古い皮膚の角質を綺麗に取り除き、新しい皮膚を迎えてあげる事ができます。もしあなたがアンチエイジングなどに効果のある高級なスキンケア製品を使用しているのであれば、自分でもちゃんと成分を浸透させるようにしてあげないといけません。しっかりと古い角質を落とした上で使用しないと、いくら高い化粧品でも、ただ死んでしまった角質に塗っているだけになってしまいます。あまり頻繁に角質除去するのもよくないので、バランスが重要です。だいたいの人は週に2回くらい、もしくは年齢に合わせて週3-4回というように自分にあったペースでやってみてください。ニキビ肌、敏感肌の人は強引に角質除去しないようにご注意を。

加工食品

私達の肌は、普段どれだけ健康的に過ごしているか、どんなダイエットをしているかが反映されます。なので、良い食事をしてなるべく加工食品を口に入れるのは控えましょう。もしその食べ物に含まれている成分や材料を見て、明らかに自然食品ではないと感じたらシンプルにその食品からは離れましょう。そこにはお金を使うほどのメリットはありません。それはただあなたを理想的なお肌の状態から遠ざけてしまうだけです。

6 Herbal Antioxidants That Are Often Overlooked(見落とされがちな6つのハーブの抗酸化作用について)

herb健康や美しいBody Lineに対して感度が高い人々が行き交うLA/NYC。健康的でパワフルなロサンゼルス(LA)、繊細でスタイリッシュなニューヨークシティ(NYC)、それぞれのTrendをモデルAlexandriaが、紹介します。

エイジングケアや老化に重要であると着目されている『抗酸化』 はご存じでしょうか?

『抗酸化』 それはカラダの酸化を防ぐことです。 リンゴを切ってしばらく置いておくと茶色に酸化してしまうので同じように 私たちも老化やそして病気になる原因の1つは酸化だと言われています。

抗酸化食品を思い浮かべると色鮮やかな緑黄色野菜をイメージされる方は多いと思いますが、 実はハーブには優れた抗酸化の力が秘められています。

今回は抗酸化の力が秘められた6つのハーブについて、その効能や普段のお食事への取り入れ方をお教えいたします。

Did you know that herbs can pack quite the antioxidant punch? When we think of antioxidant foods most of think about goji berries, nuts, and dark leafy greens. However, using herbs year round can be really beneficial to our bodies as well. More recently, herbs and spices have been recognized as sources of numerous phytochemicals, which carries antioxidant activity.

Herbs are almost always often overlooked when it comes to adding a nutritional punch to a meal. For a lot of us, it’s hard to imagine basil or oregano really doing that much for our health, but that’s where we go wrong. Along with traditionally known antioxidant foods, certain herbs, spices, and essential oils derived from nutrient-dense plants are vastly high in antioxidant compounds. We’ve rounded up some common herbs that you can find just about anywhere, and then gives ideas of how you can spice up your dishes, literally.

Oregano: This herb has been around for centuries. Oregano contains beta-caryophyllene (E-BCP), an aromatic sesquiterpene that’s been a food additive due to its peppery flavor. Researchers have found that E-BCP is also an anti-inflammatory dietary cannabinoid that may utilize similar benefits to CBD. Try adding this into your pasta sauces, pizza, or salad to get a bold peppery bite.

Thyme: Sometimes an overlooked herb, thyme has a long history of being used as a medicinal healer and protector (think Roman era). This herb is great for supporting immune and respiratory systems, as well as the digestive and nervous system. It produces antihypertensive activity which can also help to lower blood pressure and cholesterol levels. Thyme is great with roasted veggies, in soups/sauces, or try adding this herb flatbread dough before baking it. It’s a serious crowd pleaser.

Rosemary: Is a savory evergreen herb that’s native to the Mediterranean. Rosemary has been noted since archaic times for its medicinal properties. Due to having a plethora of antioxidants, and anti-inflammatory compounds it’s often boasted for helping alleviate muscle pain, improve memory, boost the immune and circulatory system, and promote hair growth. Rosemary has a good source of iron, calcium, folate, vitamin A, C, and B6. Try adding some fresh rosemary to soups, proteins (roasted chicken is one of my favorite ways to use this herb), and roasted potatoes.

Basil: Much like oregano, this herb also includes E-BCP. Basil also includes a vast amount of phytochemicals like monoterpenoids, phenylpropanoids, and sesquiterpenoids. Studies show that basil has helped balance blood sugar, enhance memory, and improve oral and skin health. Add fresh basil to your soups, salads, pastas, or enjoy as pesto! See here for my gut-friendly pesto recipe.

Mint: Nothing compares to fresh mint on a hot summer’s day. Mint is commonly known for its gut healing properties. Studies have indicated that it can majorly help with indigestion, irritable bowel syndrome (IBS), small intestinal bacterial overgrowth (SIBO), and bloat reduction. Try adding mint to your smoothies (my newest obsession) and salads. You can also enjoy it as a tea. Simply boil hot water over mint tea leaves and let it steep for 5-6 minutes.

Chives: Often confused for green onions, chives are actually an herb. They come from the allium family (the same family that produces garlic and onions) and bring a milder, sweeter flavor that still has depth to it. If you’ve ever been to New York, you know how serious they are about their bagels and chive cream cheese! Chives also contain allyl sulfides, which have been shown to help with digestive problems. Chives make a wonderful addition to bagel spreads, sandwiches, and eggs.

 

ハーブには、抗酸化の力が秘められている事を知っていましたか? 私たちが抗酸化食品を考えるとき、ほとんどがゴジベリー、ナッツ、そして濃い緑の葉を思い浮かべるでしょう。 しかしながら、一年中ハーブを使用することは私達の身体に本当に有益であるのです。 ごく最近では、ハーブやスパイスは、抗酸化作用を数多く持つ植物化学物質の原料として認識されています。

ハーブは食事の時に栄養を足してくれるのに、ほとんどの場合見落とされがちです。 私たちの多くは、バジルやオレガノが健康のために多くの事をしてくれているのですが、なかなかその事実は周知されません。 特定のハーブ、スパイス、そして栄養価の高い植物由来のエッセンシャルオイルは伝統的な抗酸化食品として抗酸化化合物を非常に多く含んでいます。 私たちは、どこででも見つけることができるいくつかの一般的なハーブをまとめました。あなたの料理をいかに盛り上げられるかチェックしてみてください。

オレガノ: このハーブは何世紀も前から出回っています。 オレガノには、その香りの源となっている食品添加物の芳香族セスキテルペンのベータ – カリオフィレン(E-BCP)が含まれています。 研究者らは、E-BCPもCBDと同様の利点を利用できる抗炎症性食物カンナビノイドであることを発見しました。 これをパスタソース、ピザ、またはサラダに加えて、大胆にしてください。

タイム: 見落とされがちなハーブ、「タイム」は治療薬として使用されてきた長い歴史を持っています(ローマ時代)。 このハーブは、免疫系や呼吸器系、そして消化器系や神経系をサポートするのに最適です。 それは降圧作用を生み出します。そしてそれは血圧とコレステロールレベルを下げるのを助けることもできます。 タイムをロースト野菜、スープ/ソースと一緒にするととても素晴らしいです、または焼く前にこのハーブフラットブレッド生地に追加してみてください。 それはまさしく群衆の喜びです。

ローズマリー: 地中海原産の常緑のハーブです。 ローズマリーは古くから薬効があることで知られています。 たくさんの抗酸化物質と抗炎症化合物があるため、筋肉痛を軽減し、記憶力を向上させ、免疫力を高め、循環系を促進し、免疫システムを促進します。 そして髪の成長を助けます。 ローズマリーには、鉄、カルシウム、葉酸、ビタミンA、C、およびB6が豊富に含まれています。 新鮮なローズマリーをスープ、たんぱく質(ローストチキンはこのハーブを使うのに最も好きな方法の一つです)、そしてローストポテトに加えてみてください。

バジル: オレガノのように、このハーブにはE-BCPも含まれています。 バジルにはモノテルペノイド、フェニルプロパノイド、セスキテルペノイドなどの植物化学物質も含まれています。 バジルが血糖のバランスを整え、記憶力を高め、口腔および皮膚の健康を改善するのを手伝ってくれる事が研究によって示されています。 スープ、サラダ、パスタに新鮮なバジルを加えたり、ペストウとして楽しんでください。 私の腸にやさしいペストウレシピはこちらをご覧ください。

ミント: 暑い夏の日の新鮮なミントに匹敵するものは他に何もありません。 ミントは一般的に腸を癒してくれる特性がある事で知られています。 それは主に消化不良、過敏性腸症候群(IBS)、小腸内細菌増殖(SIBO)、および肥満に役立つことができることが研究で示されました。 あなたのスムージーとサラダにミントを加えてみてください(最近の私の最新のこだわり)。 お茶としても楽しめます。 ミントティーの葉の上でお湯を注いで5〜6分間でできます。

アサツキ: ネギと間違えられることが多いアサツキは、実際にはハーブです。 ネギ科(ニンニクと玉ねぎと同じ科)で、そして深みがあり、より穏やかでより甘味をもたらします。 ニューヨークに行ったことがあれば、彼らのベーグルやアサツキクリームチーズがどれほど凄いものなのか知っている事でしょう。アサツキには、消化器系の問題を解決することが証明されている硫化アリルも含まれています。 アサツキを加えるだけで、ベーグルスプレッド、サンドイッチ、卵料理を素晴らしい料理に変えてくれます。

How to Transform Your House Into a Home Gym(あなたの家をホームジムに変える方法)

健康や美しいBody Lineに対して感度が高い人々が行き交うLA/NYC。健康的でパワフルなロサンゼルス(LA)、繊細でスタイリッシュなニューヨークシティ(NYC)、それぞれのTrendをモデルAlexandriaが、紹介します。

 

自宅にいながらも、日々のエクササイズを心がけたいもの。でも、専用の器具がないからと、ホームジムをスタートする日を、また明日、また明日、と延ばし延ばしにしていませんか?

今日から、今から、自宅でエクササイズを始めましょう!簡単に手に入るトレーニングアクセサリーをご紹介します。ちょっと視点を変えるだけで、いつも目にしているあの日常的なアイテムが、トレーニングアクセサリーとして大活躍します。
 

With the majority of all fitness studios closing throughout the world, working out at home is no longer a thing of the past. Before you start shopping for an entire home gym on Amazon Prime, look around your house, or better yet your kitchen. I bet that you already have a great selection of free “gym equipment” you may have not realized. Below you’ll find a list of equipment ideas that take the average household item and transform them into the perfect at-home gym accessory.

 

Common Household Items to use Instead of Weights:

1. Water Bottles / Soup Cans:Did you know that soup cans and 8oz water bottles approximately weighs about 1.5 lbs? Try using 2 filled 8oz water bottles in each hand for some arm/ shoulder workouts.

2. Wine bottles:Though these are a little more sensitive to breaking that cans or water bottles, wine bottles make great hand weights as well.

3. Laundry Detergent / Milk Jugs:A standard gallon of milk weighs 8.5 pounds making it easy to do kettlebell exercises at home or dumbbells if you have 2 containers of milk or detergent.

4. Rocks:Rocks vary in shapes and sizes, the bigger the rock, the heavier it will be. Depending on how much weight you’re looking to add you can collect some rocks from your back yard or neighborhoods near you.

Common Household Items to use Instead of Gliders:

1)Towel

2)Socks

3)Paper Plates

 

Common Household Items to use Instead of a Resistance Band:

1) Towel

2) Pantyhose

3) Rope

4) Oversized Rubber Bands

5) Old Sweatshirt

 

Other Ways to get Creative within Your Household:

1. Stairs:Simply run up and down your stairs to get your cardio in.

2. The Wall:The wall makes for a perfect place to do wall sits or to use as a ballet barre.

3. The Kitchen Counter / Back of a Chair:Use the kitchen counter or the back of a chair as a “barre”.

4. Backpack:Fill a backpack up with canned goods, rocks, or clothes and wear it while doing lunges, squats, or running up and down the stairs.

5. Vacuum Cleaner:Simply place some weight on top of your vacuum cleaner and drag it across the floor for some at home “sled pushes”.

世界中で多くのフィットネススタジオが閉鎖されているため、自宅でワークアウトすることはもはや過去のことではありません。 アマゾンプライムでホームジム商品を買い始める前に、先ずはあなたの家を見回してください。 皆さんは気付いていないかもしれませんが、すでに素晴らしい無料の「ジム設備」を持っているに違いありません。 以下に、平均的な家庭用品を取り上げました。完璧な自宅用ジムアクセサリーに変える事のできるアイデアリストをまとめました。

 

ウェイトの代わりに使用する一般的な家庭用品:

1. 水筒ボトル/スープ缶:スープ缶や、8オンスの水筒の重量は約1.5ポンド(約680g)であることをご存知ですか? 腕や肩のワークアウトには、両方の手に8オンスの水ボトルを使用してみてください。

2. ワインボトル:これらは缶や水筒に比べると壊さないよう注意が必要ですが、ワインボトルは同様に素晴らしい重りになります。

3. 洗濯用洗剤/ミルク容器:標準のガロンミルクの重量は8.5ポンド(4kg弱)で、家でケトルベルのエクササイズを簡単にしたり、ミルクや洗剤の容器が2つある場合はダンベルエクササイズしたりできます。

4. 岩石:岩は形や大きさが異なり、岩が大きくなるほど、重くなります。 追加しようとしている重量に応じて、裏庭または近隣から収集できます。

 

グライダーの代わりに使用する一般的な家庭用品:

1 ) タオル

2) ソックス

3) 紙皿

 

レジスタンスバンドの代わりに使用する一般的な家庭用品:

1) タオル

2) ストッキング

3) ロープ

4) 特大のゴムバンド

5) 古いスウェット

  

あなたの家庭で創造できる他の方法:

1. 階段:階段を上り下りするだけで、有酸素運動を楽しめます。

2. 壁:壁は、寄りかかったり、バーレッスンに使用するのに最適な場所です。

3. キッチンカウンター/椅子の後部:キッチンカウンターまたは椅子の裏側をバーとして使用します。

4. リュック:バックパックに缶詰、岩石、または服を詰めて、ランジ、スクワット、または階段の上り下りをするときに背負います。

5. 掃除機:掃除機の上に重りを置き、床を横切るように引っ張るだけで、自宅で「スレッドプッシュ」ができます。