TWorkout Journal TEST

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今では日本中にたくさんのスポーツジムがあり、沢山のトレーナーが存在しています。

そんな中で、

「トータル・ワークアウト(以下TW)はどんなトレーニングをするんですか?」

「TWのトレーニングは、何が違うのでしょうか?」

「何故、TWには一流のアスリートや、ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリスト、著名人の方までもが、多く通っているのでしょうか?」

「どうして、結果がでるのでしょうか??」

こんなストレートなご質問を、日々いただきますので、お答えしていきたいと思います。

結論から申し上げますと、私たちTWがプログラムするトレーニングは、「効率」と「結果」を何よりも重視したトレーニングをご提供しています。

TWに来られる会員の皆さまは、痩せたい・筋肉をつけたい・健康維持したいなど、その人によって色々な目的がありますが、実は、それらを全て叶えることができる、たった1つのことがあります。

それは、『筋肉をつくること』です。

ここで誤解のないようにお伝えしたいのは、「筋肉をつくること」というのは、見た目がゴツゴツムキムキする、というカラダつくりのことではありません。

これはどういうことか?できるだけ分かりやすく、目的別に丁寧にお伝えしてまいります。

 

<健康になりたい人>

毎日を健康的に過ごしたい。そういった目的がある方は、筋量を増やすことによってもっとアクティブに活動することができるようになります。何故ならば、食べたものをエネルギーに変える、つまり「代謝」をあげることができるようになるからです。

私たちは、24時間、立ったり、座ったり、歩いたり、眠ったりしますが、その全ての活動は、食べたものから得られたエネルギーによって、動かされています。

ここで大切なのは、食べたものはそのまますぐにエネルギーになるわけではなく、食べたものは「筋肉」を介在することによって、エネルギーに変わります。つまり、トレーニングによって筋量を増やすことで、食べたものをしっかりとエネルギーに変えて、毎日の活動に役立てていくことができるようになるのです。

 

<体を大きく、たくましくしたい人>

この目的を持たれている皆さんは、トレーニングをすることによって、筋肉をつけて、体を大きくする。これについては比較的イメージがしやすいかと思います。
 

<痩せたい人>

「痩せたい」という目的を持たれてジムに来られる女性の多くが、こんな風に仰います。「筋肉はつけたくないけれど、痩せたい!」と。

・トレーニングしたら、ムキっとなってしまいそうで不安・・・

・筋肉がついて、むしろ体が大きく太くなってしまうんじゃないか?

そんな懸念をされる方も少なくありません。

「筋肉がついてしまう運動はしないで、ただただ、痩せたい!」

そんなな方がとても多いです。笑

ではここで、「痩せる」ということは、一体あなたのカラダのなかで何が起こっているのか?整理してみたいと思います。

 

ー痩せるメカニズムー

まず、食べたものをエネルギーに変える比率が高ければ高いほど、痩せやすいカラダであるということが言えます。

食べたものをエネルギーに変えられないと、食べたものがカラダの中に溜まってしまうので、その結果、太りやすくなります。冒頭にお伝えした通り、食べ物をエネルギーに変えるためには、「筋肉」が絶対に必要なので、筋量を増やして、代謝をあげる。これが痩せることに確実につながると言えます。

 

ー代謝をあげるために必要なことー

代謝について、もう少しわかりやすくお伝えしますと、代謝を起こしている部品、それが筋肉です。筋肉を「釜」と考えて、その中に「エネルギー」が入ってそれを沸かしている。だから「筋肉=釜」が大きいほど、たくさんのエネルギーを作ることができるので、痩せるためには、まずは筋肉をつくることで代謝をあげ、食べたものを効率的にエネルギーに変えていくことができるカラダつくりが必要になります。

筋量が増えると、食べたものが溜まりにくいカラダになれる、そんなイメージです。

代謝をあげて太りにくいカラダになる原理はイメージできましたでしょうか。

とすると、次にこんなご質問もでてきますね?

「つまり、痩せるためには、代謝をあげることが必要」

「代謝をあげるには、筋量を増やすことが必要」

「ということは、やっぱり、ムキムキなカラダにならないといけないのでは???」

はい。世の中の女性の皆さん、ご安心ください。

代謝の高い太りにくいカラダ、痩せやすいカラダを手に入れても、あなたのカラダはムキムキマッチョにはなりません。お約束いたします。

例えば、日本代表として、ミスユニバースの世界大会にでる美女たちも、私としっかりトレーニングをして、本番に向けて筋量をあげます。カラダのラインがぴったりとでる衣装を身にまとっても、ムキムキマッチョなカラダの美女がいないことは、皆さまもご存知かと思います。

トレーニングしてもムキムキマッチョにならず、美しいカラダになれる方法。

次回のコラムでお伝えさせていただきます。

お楽しみに。

 

パーソナル・トレーナー 池澤智