パーソナル・トレーナーの池澤智です。

ジムに来られる女性の多くは、こんな風に仰います。

「痩せたいです!」

「キレイなカラダになりたいです!」

彼女たちが頭の中で描いている“美しい体”を手に入れるサポートをするために、まずは丁寧にコミュニケーションを深めていきます。

『あなたが理想とする“痩せたキレイなカラダ”とは、いったいどんなカラダのイメージですか?』

そうすると、こんなキーワードがでてきます。

「メリハリのあるカラダになりたいです!」

女性の“美”の定義にも、実は時代によって移り変わりがあり、流行りのようなものがあります。そしてまさに今、多くの女性が理想とする体とは、この言葉に表されているとおり、単に細く痩せていればいいということではなく、程よく筋肉をつけ、健康でアクティブなライフスタイルを想像させるような、そんなカラダへと“美”の定義がシフトしています。

「痩せたいし、健康的でアクティブな私になりたい」

「でも、筋肉ムキムキゴツゴツは嫌」

これが、昨今、女性の多くがイメージしている、ご自身の理想の体であり、トレーニングすることへの不安でもあります。

前回のコラムでもお伝えしました通り、痩せるためにはトレーニングをして筋量を増やすことが必要です。その上で、筋肉ムキムキにはならず、女性として美しい体の形をつくるためのお話をしたいと思います。

まず、女性がトレーニングをして、筋肉ムキムキになるということは、ほとんどありえません。参考までに目安をお伝えさせていただきますと、例えば、体重の2倍の負荷をかけてスクワットというトレーニングをしたり、体重の1.5倍の重さでベンチプレスをすると、やっとゴツゴツした体になってきます。

体重が50キロの女性であれば、75〜100キロのものを持ち上げたりすることになりますが、普通の女性ではこれは不可能なレベルです。(女性アスリートであれば、このレベルをこなせる場合もあります)

なので、一般の女性がウェイトトレーニングをしたからといって、筋肉ムキムキになることはほぼありえませんので、安心してください。

では、皆さんが憧れる、美しいメリハリボディを手に入れるためには、何をどうするべきか?

カラダの構造をちょっとイメージしてみてください。体の皮膚の下には脂肪があり、筋肉もあり、骨もあり、こういったものが層になっています。なので、一番外側の表面のところだけを綺麗に形つくることは、構造的に無理なのです。

つまり、カラダの形の根源には骨があり、そして筋肉の形や、筋肉のつき方によってビジュアルが決まっていくということになります。

そして、歩いたり、走ったりする動作によって、さらにカラダのイメージを変えていく。だから筋肉が正しくメリハリ感を持たせてあげないと、結局私たちが求めている、しなやかで綺麗なカラダには見えないのです。

たとえ脂肪を落としたとしても、必要な筋肉がついていなければ、寸胴なカラダの形のままになります。でも、そんな寸胴なカラダだったとしても、筋力をつけてあげることによって、メリハリを作ることはできるのです。

とした場合、どんなトレーニングしたら、効率的にメリハリボディーを手に入れられるのか?女性が、美しいカラダを最短期間で手に入れていくために必要なことは何か?

そのあたりを次回のコラムでお伝えしたいと思います。お楽しみに。

パーソナル・トレーナー

池澤智