パーソナル・トレーナーの、池澤智です。

トータル・ワークアウトで働くパーソナル・トレーナーは、トレーニングのスキルを磨き続けるだけでなく、マネジメントできるためのスキルや経験を高めていくことが求められる。そんなお話を前回お伝えさせていただきました。

パーソナル・トレーナーならば、トレーニングさえできれば良いんじゃないか?そんな印象を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、このあたりがケビンが理想とするパーソナル・トレーナーの在り方になります。

3260通りのトレーニングは、覚えようと思ったら誰でも覚えられます。一方で、それをお客さまが満足するようにプログラミングすることができなければ、優れたパーソナル・トレーナーとは言えません。なので、動画やテキストで知識を学ぶことはもちろんですが、最終的には、実際に「話して」みて「やって」みる。

ロールプレイングを繰り返し、お客さま役を担っている先輩トレーナーから OK が出ないと、テスト合格にはなりません。スキルを覚えることよりも、伝えることのほうが、実際の現場では重要になるからです。

単に情報を記憶して、「こういう種目を習いました」「こんな最先端な手法があることを知っています」ということは、大切な要素ではありますが、「全て」ではありません。それよりも、目の前の方にとって本当に必要なことは何か?を理解し、その上で、どう伝えるか?を常に意識しながら、日々、研修を繰り返しています。

また、1人のトレーナーが、お客さまを全員担当するわけではないので、どんなチームを作ったら、より多くの人のカラダを変えていけるか?といったことも、研修の中にとりいれています。「チーム」を大事にするために、横のつながりってどうやって作るか?これも、パーソナル・トレーナーに必要な技能の1つと捉えています。

さらに、ケビンはこんなことも言います。

人間性の構築と、技術の構築、2つを同時にしないと優れたパーソナル・トレーナーにはならない。成長の過程には、必ず人間性の課題、技術の課題、2つがある、と。

ケビンが求める「人間性」というのは、自分以外の人に対する感覚を研ぎ澄ます。ということです。

目の前にいるお客さまだけではなく、その隣にいる人まで気を配れるか?とか、自分の後輩がどんな技術を持っているか?といった部分になります。自分さえ良ければいいというのではなく、人に気を配れる人。そういうことができる人が人間性があって、パーソナル・トレーナーに必要な要素である。

それを繰り返していくと、相手の気持ちを考えられる人になる。相手の気持ちを考えるのは自分以外の人に目を向けないといけないから、それが人間性の課題になっている。そんなイメージです。

例えば、1日に何人の後輩とどんな話をしたか?を、3ヶ月間滞りなくレポートすることができるとことも、優れた技能の1つと捉えています。

私たちトータル・ワークアウトのパーソナル・トレーナーには、常に自主性を持って、お客様にも、チーム(仲間)にも接していける人間性を磨き続けることを目指しています。まだまだ発展途上です。(笑)

パーソナル・トレーナー 池澤智