トータル・ワークアウトでは『毎日に活気をもたらすカラダへ 最短で最大の結果を出す』というメソッドの元、トレーニングを軸に、フード・サポート、ボディケアという3つのコンセプトでお客様をサポートさせていただいています。

 

実は、トレーニングだけでカラダを変える事は不可能で(出来ないことはないですが、結果として得られるものは半減してしまいます)、トレーニング、フード・サポートとカラダのケアの3つが揃わないと最高の結果を得ることはできません。

時にはフードをメインにしようとか、今回はトレーニングを強化しフードはサプリメントで補うなどバランスはその方のライフスタイルに合わせます。

 

パーソナル・トレーナーは、トレーニングを軸に、フード、ケアを「どんなバランスでその方のライフスタイルに取り入れていくか?」そのコーディネートをすることが重要な役割となります。且つパーソナル・トレーナーはいかにお客様をやる気にさせ、コーディネートしたプランを実施していただけるかが能力の見せどころです。例えば、メソッドをお客様にご理解していただいたところで、『できません』と言われてしまうとパーソナル・トレーナーは結果を出せないということになってしまいます。

 

今や、書籍・WEBなどから色々な知識を得ることは簡単です。理論に関しても、興味を持てば理解することも出来ます。お客様にいかにやる気を持って取り組んでもらえるか、それはパーソナル・トレーナーの力量が全てになります。

『信頼するパーソナル・トレーナーに言われたのでやってみよう!』

重要性をお客様に伝えることが出来るかできないか、それが優れたパーソナル・トレーナーか否かの1番の大きな差になります。

 

では『栄養士・医者・パーソナル・トレーナー』がいれば最高の結果を出せるのか?というとそうではありません。

 

パーソナル・トレーナーがトレーニングを軸に必要性に応じたフードとケアをコーディネートする。主導権は全てパーソナル・トレーナーが握り、必要なものをお客様へご提供する事がとても大切です。

 

更に、パーソナル・トレーナー自身がブレないコンセプトを持っていなければお客様が迷ってしまいます。

例えば、セレクトショップでターゲット層が決まっていて、『非日常』がコンセプトの空間作りをしているにも関わらず、その中で扱っている雑貨が「可愛い」という理由だけで並べられていたとすると、お客様は何の店(何がコンセプトなのか)かがわからなくなり、顧客が定着しません。

 

トレーニングをされているお客様へは、常に一貫性を持ったご案内をする必要があります。

トータル・ワークアウトではトレーニングを軸としてのフード、ケアは絶対にブレないようにしています。

『一貫性を持つこと』はお客様にも分かりやすく、安心して頂ける要因にもなりえます。

 

1つ決めたものを伝え続けることが大切です。

それが最大の結果を出す為の法則です。