美の定期

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

前回、無酸素運動と有酸素運動でカラダを変えることについてお話をさせていただきました。

カラダ作りにはトレンドがあります。

女性はマラソンなどの有酸素運動をして脂肪を落して作る『痩せたカラダ』が流行っていた頃があり、男性であればアメリカ同様、『マッチョ』がトレンドな時代もありました。

『美の定義』は、その時の社会的な背景により変化します。

そして日本でキレイと言われているカラダと、アメリカでキレイだと言われるカラダは、そもそも骨格の違いもありますが文化の違いにより大きく異なります。

今の日本では『立体的なカラダ』がキレイなカラダとされています。

腕や足が棒のように細く、そしてウエストのくびれがなくストンとしている『ただ細いだけの体型』は、いくら体重が少なくても美しいとはされていません。

現代の『美の定義』に則った、くびれがありしなやかな動きのある立体的なカラダを作るトレーニングを私たちはお客様へご提供する必要があります。

そしてそういった立体的なカラダを作るには、無酸素運動だけでは難しいです。

筋肉に負荷をかけて筋繊維を破壊する、無酸素運動(ウエイト・トレーニング)はたんぱく質を摂取することにより、破壊された筋繊維を修復し筋肉を育てていきます。それによりカラダの代謝が上がり、痩せやすいカラダを作ることや生活がし易くなるなど、大きな利点はあります。

ですが残念ながらただ単にスクワットをする、ロウイングをするなどでカラダのカタチそのものを変えることはできません。カラダのカタチを変えるには、ウエイト・トレーニングであっても動きが伴う必要があります。

例えば、手にした負荷を対角線上に動かすような斜めの動きやひねりが生じるようなトレーニングで、カラダのカタチを変えることが可能です。

筋肉を作るだけでなく、『出来た筋肉をうまく使えるようにする』ことで、初めてくびれが生まれます。日本で『ボディメイク』が流行り始めた頃は、そういった動きを伴うトレーニングはまだ主流ではありませんでした。

カラダをうまく使えるようにするために必要なトレーニング

それは『神経系トレーニング』と呼ばれるものです。

神経系トレーニングとは: 脳からの指令を筋肉へ伝える神経をトレーニングすることで筋肉がいかに早く反応し、より強いパワーを発揮させ、より可動域広く使えるようになります。

次回は神経系のトレーニングについて詳しくご紹介いたします。

 

パーソナル・トレーナー 池澤智