COLLAGEN健康や美しいBody Lineに対して感度が高い人々が行き交うLA/NYC。健康的でパワフルなロサンゼルス(LA)、繊細でスタイリッシュなニューヨークシティ(NYC)、それぞれのTrendをモデルAlexandriaが、紹介します。

肌のハリや弾力性をもたらす効果、関節痛などの緩和などでみなさんもご存じの『コラーゲン』たんぱく質の一種であるコラーゲンは体内のあらゆる組織に存在しており、全体重の15分の1を占めています。

今回はそのコラーゲンの大切な役割や、カラダの中でコラーゲン生産を自然に増加させる栄養素についてご紹介いたします。

 

As collagen trends continue to blossom, so does the world’s interest and awareness for it. Did you know that the global collagen market size is forecasted to reach $7.5 billion dollars by 2027? As the most abundant protein found in the body, collagen rightfully deserves the attention it’s getting. Plus, it’s what directly makes our skin radiant and youthful. However, as we age we lose about 1% of it each year. Though this occurs naturally, there’s still a lot that can be done on our part to help preserve the natural collagen that we already do have.

What is Collagen?:

Collagen is the most available protein found in the body. It is one of the primary foundations of the skin, bones, muscles, tendons, and ligaments. When collagen levels are abundant, cells that contain collagen take on an energetic youthful appearance. There are at least 16 different types of collagen, but 80%-90% of it in the body consists of types I, II, III and IV.

Type I: Responsible for 90% of your body’s collagen and is made of densely packed fibers. Type I is thought to provide structure to skin, bones, tendons, cartilage, connective tissue, and teeth.

Type II: Is the major collagen in cartilage, and consists of more loosely packed fibers which helps to protect and cushion joints.

Type III: Aids the structure of organs, arteries, and muscles.

Type IV: Is commonly found in our skin and it supports filtration.

Benefits of Collagen:

Collagen is one of the trendiest words in the wellness world and rightfully so. This protein is what helps your skin stay firm and resilient while also providing your body with structure and support. As we get older our levels of collagen will naturally drop 1% each year starting at around 25-30 years of age. And though that may seem bleak, there’s still a lot that can be done to protect our skin. By boosting collagen naturally you can improve your skin’s appearance and more importantly, your overall health. Collagen is known to provide strength to your muscles, skin, cartilage, blood, bones, ligaments. Supplementing with collagen has been shown to benefit skin health, relieve joint pain, and prevent https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25314004.

Nutrients to Naturally Increase Collagen Production:

It’s important to know that all collagen starts off as procollagen. Meaning, your body makes procollagen by combining two amino acids one being glycine and the other proline. This development uses vitamin C.

See below for the list of nutrients and foods that can help increase collagen production.

Aloe Vera: Commonly known for its wound-healing benefits aloe vera actually productiincreases collagenon when taken orally or topically.

Vitamin C: Plays a major role in the production of procollagen which is the body’s precursor to collagen. Foods that are rich in vitamin C are strawberries, citrus fruits, blueberries, blackberries, cilantro, broccoli, and bell peppers.

Glycine: Is the most abundant amino acid found in collagen. By eating glycine-rich foods you can naturally help your body’s production of collagen. These foods consist of bone broth, meat/ poultry (mainly the skin and connective tissues), spirulina, seaweed, and eggs.

Proline: This is an a-imino acid that plays an important role in protein synthesis. Its main functions are helping form collagen, regenerate cartilage, form connective tissues and repair skin damage and wounds, help heal the gut lining, and repair joints. Along with the amino acid glycine, proline is the primary amino acid involved in the synthesis of collagen. This occurs when it’s converted into hydroxylysine and hydroxyproline in order to help form collagen. Some foods that are rich in proline are egg whites, cabbage, asparagus, mushrooms, wheat germ, and dairy products.

Copper: Copper is linked to the enzyme lysyl oxidase and biochemically, copper is a cofactor for the enzyme and more importantly, a determinant of its activity in the connective tissues. This study shows that the synthesis of mature elastin and collagen can be controlled by the availability of copper.

Foods that are rich in copper are organ meats, sesame seeds, cocoa powder, cashews, and lentils.

How to Supplement with Collagen:

Powdered collagen supplements are a great way to naturally increase production levels. When looking for powdered collagen be sure to get hydrolyzed collagen or collagen peptides as it’s easier for your body to absorb. Many have seen noticeable differences in their skin, gut, and overall hydration when supplementing.

What Damages Collagen?:

While our attention is focussed on how to naturally produce more collagen, it’s also important to understand what can damage and destroy collagen.

Smoking: It’s no surprise that smoking is a big culprit to degrading collagen. Smoking can impair wound healing and lead to wrinkles due to its production of free radicals which turns into oxidative stress. Also, tobacco smoke reduces the immune response and activates metalloproteinase, an enzyme that damages collagen.

Limit Refined Carbs and Added Sugar:Sugar impedes with collagen’s capacity to rehabilitate itself by damaging the bonds between collagen and fibers. Because refined carbohydrates quickly metabolize into sugar, it’s best to limit your refined carbohydrate intake and sugar intake.

Not using SPF: If you’re already a skin lover, you know how important using SPF is. Ultraviolet irradiation is one of the riskiest external components that is a byproduct of physical and chemical alterations in living organisms. Excessive UV radiation creates free radicals which in turn, damages collagen and allows wrinkles and bruising to occur easier due to the impaired cell response in the skin. Using a sunscreen that has zinc oxide and SPF 30 or SPF 40 will help protect your skin.

 

コラーゲンのトレンドが進むにつれて、それに対する関心と意識も世界中で高まっています。 世界のコラーゲン市場の規模は2027年までに75億ドルに達すると予測されていることをご存知ですか?体内で最も豊富なタンパク質であるコラーゲンは、当然注目に値します。 さらに、それが私たちの肌を直接明るく若々しくするのです。 しかし、年を重ねるにつれて、毎年その約1%が失われます。 これは自然現象ですが、私たちがすでに持っている天然のコラーゲンを保護するために、私たちができることはまだたくさんあります。

コラーゲンとは何か?

コラーゲンは体内で見つかる最も活用可能なタンパク質です。 皮膚、骨、筋肉、腱、靭帯の主要な基盤の1つです。 コラーゲンレベルが豊富である場合、コラーゲンを含む細胞はエネルギッシュで若々しい外観を帯びます。 コラーゲンには少なくとも16種類のタイプがありますが、体内の80%〜90%はタイプI、II、III、IVで構成されています

タイプI:身体のコラーゲンの90%を担い、繊維が密に詰まっています。 タイプIは、皮膚、骨、腱、軟骨、結合組織、歯の構造に活用すると考えられています。

タイプII:軟骨の主要なコラーゲンであり、関節を保護しクッションに役立つ、より緩く詰められた繊維で構成されています。

タイプIII:臓器、動脈、筋肉の構造を助けます。

タイプIV:私たちの肌によく見られ、ろ過のサポートをします。

コラーゲンの利点

コラーゲンは、ウェルネスの世界で最もトレンディな言葉の1つです。 このタンパク質は、あなたの肌をしっかりと弾力のある状態に保ち、身体に構造とサポートを提供するのに役立ちます。年を取るにつれて、コラーゲンのレベルは自然に25-30歳くらいから毎年1%低下します。 それは暗い話のように思うかもしれませんが、私たちの皮膚を保護するためにできることはまだたくさんあります。 自然にコラーゲンを増やすことにより、あなたの肌の外観を改善し、さらに重要なことに、全体的な健康を改善することができます。 コラーゲンは、筋肉、皮膚、軟骨、血液、骨、靭帯に強度を与えることが知られています。 コラーゲンの補給は、皮膚の健康に役立つこと関節痛を和らげることが示され、骨量減少を防止します。

コラーゲン生産を自然に増加させる栄養素

すべてのコラーゲンはプロコラーゲンとして始まることを知ることが重要です。 つまり、身体は2つのアミノ酸を結合してプロコラーゲンを作ります。1つはグリシンでもう1つはプロリンです。 この過程ではビタミンCを使用しています。コラーゲンの生産を増やすのに役立つ栄養素と食品のリストについては、以下をご覧ください。

アロエベラ:創傷治癒効果でよく知られているアロエベラは、経口または局所摂取すると、実際にコラーゲン産生を増加させます。

 

ビタミンC:コラーゲンの前駆体であるプロコラーゲンの生産で主要な役割を果たします。 ビタミンCが豊富な食品は、イチゴ、柑橘類、ブルーベリー、ブラックベリー、コリアンダー、ブロッコリー、ピーマンです。

 

グリシン:コラーゲンに含まれる最も豊富なアミノ酸です。グリシンが豊富な食品を食べることで、体内でのコラーゲンの生成を自然に助けることができます。これらの食品は、骨スープ、肉 (主に皮膚と結合組織)、スピルリナ、海藻、卵で構成されています。

 

プロリン:これは、タンパク質合成で重要な役割を果たすa-イミノ酸です。 その主な機能は、コラーゲンの形成、軟骨の再生、結合組織の形成、皮膚の損傷や傷の修復、腸の内層の治癒、関節の修復に役立ちます。 プロリンはアミノ酸のグリシンとともに、コラーゲンの合成に関与する主要なアミノ酸です。 これは、コラーゲンの形成を助けるためにヒドロキシリジンとヒドロキシプロリンに変換されるときに発生します。プロリンが豊富な食品には、卵白、キャベツ、アスパラガス、キノコ、小麦胚芽、乳製品があります。

 

:銅は酵素リシルオキシダーゼと生化学的に関連しており、銅は酵素の補因子であり、さらに重要なことに、結合組織におけるその活性の決定因子です。 この研究は、成熟したエラスチンとコラーゲンの合成が銅の利用可能性によって制御できることを示しています。銅が豊富な食品は、肉(内臓)、ゴマ、ココアパウダー、カシューナッツ、レンズ豆です。

コラーゲンを補う方法

粉末コラーゲンサプリメントは、生産レベルを自然に高める優れた方法です。 粉末状のコラーゲンを探すときには、体が吸収しやすい加水分解コラーゲンまたはコラーゲンペプチドを選んでください。 多くの人が皮膚、および水分補給全体で違いを感じる事でしょう。

コラーゲンにダメージを与えるもの

私たちは、どうやってより多くのコラーゲンを自然に生成するかに焦点を当てがちですが、何がコラーゲンを破壊するのかを理解することも重要です。

喫煙:喫煙がコラーゲンの分解の大きな原因であることは当然のことです。 喫煙は、酸化ストレスに変わるフリーラジカルの生成により、創傷治癒を損ない、しわを引き起こす可能性があります。 また、タバコの煙は免疫応答を低下させ、コラーゲンを損傷する酵素であるメタロプロテイナーゼを活性化します。

精製された炭水化物と糖分の制限:糖分は、コラーゲンと繊維の間の結合に損傷を与えることにより、コラーゲンが自身をリハビリする能力を妨げます。 精製された炭水化物はすぐに糖分に代謝されるため、精製された炭水化物の摂取量と砂糖の摂取量を制限するのが最善です。

SPF不使用:すでに肌への関心が高い人なら、SPFを使用することがいかに重要かをご存じでしょう。 紫外線照射は、生物の物理的および化学的変化の副産物である最も危険な外部コンポーネントの1つです。 過剰な紫外線はフリーラジカルを生成し、次にコラーゲンを損傷し、皮膚の細胞応答の障害により、しわやあざが発生しやすくなります。 酸化亜鉛とSPF 30またはSPF 40を含む日焼け止めを使用すると、肌を保護するのに役立ちます。