カラダになくてはならない栄養素、タンパク質についてシリーズで記事をお届けしています。

 

前回は『1日に必要なタンパク質量』と『より質の高いタンパク質を摂ること』についてご紹介しました。

参照:1日に必要な『タンパク質』を上手に摂るには?

 

今回は、より効率よく手軽にタンパク質を摂っていただくための補助食品『プロテイン』についてご紹介します。

 

《プロテインにはどんな種類がある?》

 

今やプロテインはコンビニやスーパー、ウェブショップなどで販売されています。色々な種類やフレーバーのプロテインがあり、悩まれる方も多いのではないのでしょうか?

プロテインの種類は大きく5つに分けられます。

 

◆WHEY(ホエイ)

チーズやヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいます。 このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。ホエイはミネラルや水溶性ビタミンを多く含んでいます。 タンパク質を構成しているアミノ酸組成や吸収スピードがプロテインの中で一番優れており、筋肉そしてカラダの組織になりやすいのが特徴です。 筋肉の回復を助けるBCAAというアミノ酸も豊富に含まれています。

 

◆EGG(エッグ)

点滴などにも使われるアルブミンタンパク質を多く含み、吸収スピードも速く筋肉組織になりやすいです。 脂肪分も0に近く、BCAAの含有率もWHEYの次に高いです。

 

◆MILK(ミルク)

牛乳や乳製品に多く含まれています。 ミルクプロテインは、約80%がカゼイン、約20%がホエイプロテインという、2種類で構成されています。 ホエイプロテイン(乳清たんぱく質)は体内への吸収が速いですが、カゼインはゆっくりと吸収されるため、 筋肉の分解を抑える効果は高いです。

 

◆SOY(ソイ)

植物性のタンパク質を豊富に含んでおり、代謝を活発にしてくれる働きがあります。 またイソフラボンが女性ホルモンエストロゲンのような働きを持つのでホルモンバランスを整えたい女性や女性らしいカラダを作りたい方には適しています。 ただ摂取量が多すぎるとホルモンのバランスに悪影響を与えてしまうため、乳児や妊婦の方の摂取は注意が必要です。

 

◆PEA(ピー)

エンドウ豆を原料とする植物性タンパク質です。 世の中の3人に1人は乳製品や大豆の遅延性アレルギーを持っていると言われており、ホエイプロテインやソイプロテインが摂取できない場合があります。 ピープロテインは、乳・卵・大豆といったアレルゲン特定原材料28品目を含んでいないため、アレルギーなどでプロテインの摂取が難しい人には、おすすめです。 更に筋肉の修復・生成に不可欠な3種類のアミノ酸(BCAA・アルギニン・リジン)が豊富に含まれています。

 

《筋肉に一番なりやすいプロテインは?》

 

では、筋肉をつけたい人が飲むのに最適なのはどのプロテインでしょうか?

正解は、『ホエイプロテイン』です。

ホエイプロテインには、大きく分けて2つの製法があります。

 

◆WPC製法

タンパク質の含有率が約80%です。初めてプロテインを飲む人におすすめです。 WPC製法は、ホエイプロテインコンセントレートの略になります。 『濃縮乳清タンパク質』乳清をろ過して抽出したプロテインで タンパク質の含有量はWPI製法のプロテインと比べると少なめです。

 

◆WPI製法

タンパク質の含有量が90%以上と高く、吸収速度が速いのが特徴です。 WPI製法は、ホエイプロテインアイソレートの略になります。 乳糖などの成分が少ないため、乳製品でお腹がゆるくなる人でも飲みやすいです。 『濃縮乳清タンパク質』WPCをイオン交換法によって更にたんぱく質を分解したものです。 製造に手間がかかるためWPCに比べると価格が高いです。 ホエイプロテインの中でもWPI製法のホエイプロテインは吸収率が 他のプロテインと比べても断然良く、トレーニングの直後に摂取することにも適しています。 トレーニング後、筋肉の合成のピークは1〜2時間後と言われているので、その時間までにプロテインを体に吸収させておく必要がありますが、WPIの多くは摂取後1時間以内に70%が体内に吸収されるため、 トレーニングの効果を無駄にしません。

 

《いつ飲めばいいの?》

 

プロテインの種類や製法についてご案内しましたが、そんなプロテインは いつ飲めばよいのでしょうか?

飲むタイミングについてご紹介します。

 

◆朝食代わりに

朝ごはんを食べる時間がない方は、手軽に摂取出来るプロテインを飲んで、1日のスタートを切りましょう!

 

◆日々の合間に

食事がとれない時や小腹がすいた時、お水に混ぜるだけで簡単にタンパク質を摂取できます。

 

◆トレーニング直後

トレーニング後、効率よく疲労回復するためにトレーニング後30分以内のゴールデンタイムに摂取するのがおすすめです。

 

◆寝る前

1日の食事を振り返り、必要なタンパク質量が足りなかった日や疲労感が強い日は寝る前に摂取しましょう。

 

《タンパク質含有率の高いホエイプロテインはどれ?》

 

トータル・ワークアウトのプロテインは、 ホエイプロテインの中でも特に消化や血液への吸収が高く、高品質なWPIプロテインです。タンパク質含有率が90%以上で効率よく摂取することを目的に作られています。 フレーバーは、ベリーベリー・レモンライム・パイナップルの3種類と、スープやシチューなどにも加えることができるノンフレーバーのPURE WPIです。 東京・福岡にあるTOTAL FOODS各店舗や、オンラインストアで購入が可能です。

WHEY FLEX PURE WPI

PURE WPI (内容量:1kg)

脂肪や糖質に偏ってしまいがちな食生活をサポート

 

 

生活にプロテインを取り入れて、カラダにより良いルーティンを始めましょう!