トータル・ワークアウトが日本で誕生するまで

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今回のコラムでは、パーソナル・トレーナーという職業を生み出したアメリカにおいて、彼らがどのようなスタイルでトレーニングを提供していたか。そして、それを日本に初めて持ち込んだ、当社トータル・ワークアウトができるまでのお話を、お伝えさせていただきます。

<パーソナル・トレーナーはジムを持たない?>

1990年後半、アメリカのパーソナル・トレーナーは、ジムを持たないスタイルが主流でした。つまり、クライアントを色々なジムに連れて行き、ジム代や場所代も全てクライアントに払っていただき、そこでトレーニングをする、というスタイルです。

また、アメリカのセレブ達は家がとても広く、自宅にトレーニングマシンを持っています。なのでパーソナル・トレーナーが、クライアントの自宅を訪問し、そこでトレーニングをして体を変えていく、といったケースもとても多かったです。

このように、自分の拠点(ジム)を持っていないのが、パーソナル・トレーナーという職業であり、クライアントはみんなハリウッド女優やセレブ達でしたので、1時間あたりの報酬もそこそこ高い、そんなステータスができあがっていました。

<逆転の発想!パーソナル・トレーナーを集めたジムを作る>

アメリカでも次第に、パーソナル・トレーナーへのニーズが広まり、もっと一般化した方がいいのでは?という考えが、当時、ケビンの頭の中にありました。

パーソナル・トレーナーが常に移動しながらトレーニングを提供するのではなく、パーソナル・トレーナーを集めたジムを作れば、そこにクライアントが来てくれるのでは?という逆転の発想です。

ケビンは、パーソナル・トレーニングをエンターテイメントの1つと捉えています。音楽や芸術、舞台などを通じて、人に感動を与えたり、楽しませたり、幸せにすること。ソレと同じように、人のカラダを変えていくことで、その人の人生そのものを高めていけるパーソナル・トレーニングは、最高のエンターテイメントである。そんな想いがあります。

エンターテイメントの世界においては、サービスを提供する人たちが箱(ジムや自宅)を回るのはなく、自分たちの箱(ジム)に人が集まって来るもの。それが最高のエンターテイメントだ!

そう言ってケビンは、シアトルにパーソナル・トレーナーを集めたジムを作りました。

その時、パーソナル・トレーナーは全員オーナーシップをとっており、企業に属する人として働くのではなく、一人一人が独立してマネタイズしていく能力がありました。みんな個性豊かなトレーナーばかりが揃っていました。

このあたりも、今の日本におけるジムの経営手法とは大きく異なるところだと思いますが、

『マネージメント能力があるのが、パーソナル・トレーナーである。』これが今でも、ケビンがパーソナル・トレーナーに求める資質の基本・基準となっており、私たちトータル・ワークアウトで働くパーソナル・トレーナー達はそれを達成していくことを目指しています。

つまり、トレーニング手法を習得するだけでなく、マネジメントや、コミュニケーション、チームづくり、最終的には『人間性』といったところまで、多岐に渡った詳細な研修カリキュラムが作られています。

アメリカではムーブメントとなったパーソナル・トレーニングを、カルチャーの異なる日本において広めていくために、アメリカと同じ手法を踏襲しながらも、日本にカスタマイズしたマーケティングを行い、サービスへと落とし込んでいきました。

そして、日本における第一号店を、東京都港区三田に出店することが決まりました。

2001年のことでした。

つづく

 

パーソナル・トレーナー

池澤智

 

4 Easy Tips for Avoiding the Coronavirus (コロナウイルスを避けるための4つの簡単なヒント)

健康や美しいBody Lineに対して感度が高い人々が行き交うLA/NYC。

健康的でパワフルなロサンゼルス(LA)、繊細でスタイリッシュなニューヨークシティ(NYC)、

それぞれのTrendをモデルAlexandriaが、紹介します。

今回は、今まさに世界的なニュースとなっているコロナウイルスについて。

メディアでは様々な情報が飛び交っていますが、まずは私たちひとりひとりが、今すぐできることを正しく理解し、日常生活の中に取り入れていくこと。

そして、社会や環境がどんな状況なったとしても、体や心のメカニズムを知ることによって、対応力・適応力を備えた自分自身であること。

ネガティブな情報ばかりにとらわれるのではなく、ポジティブなニュースもしっかりとキャッチし、心身ともに健やかに生活を送ること。

そんな小さなことの積み重ねによって、セルフコントロールできる自分でありたいものです。

 

With coronavirus, or COVID-19 making its rounds internationally, panic has struck. Stores are running out of supplies like bulk foods, personal care items, soap, and hand sanitizer as families and individuals prepare for the worst.
Though it’s terrifying not knowing how much longer this pandemic will continue, it’s important to remain hopeful. John Hopkins University reported that “as of March 9th, 2020, the flu is showing much more of an impact on Americans than COVID-19.” And something that hasn’t been highlighted as much is that over 50,000 people across the world have recovered from COVID-19.
To prevent the contraction of this virus or any virus, keeping your immunity intact is what’s going to make the difference. Down below are some easy tips which emphasize both the mind and body to help improve immunity naturally:


1. Stress Reduction
Stress is one of the first things that will make us sick. It can affect your brain health, digestive system, weight, and immunity amongst other things. When cortisol levels aren’t kept within their normal range, it can physically disrupt the body’s ability to heal. Getting some fresh air and going for a walk can also help ease stress as we learned in our latest fitness trend.

2. Eat Nutrient-Dense Foods
Continuing to eat a diet that consists of nutrient-dense foods such as fruits and vegetables has a direct impact on our body’s immune response and can then help protect against disease. Be sure to load up on vitamin C, probiotics, glutathione, zinc, and vitamin D to help ensure your immune system is operating at its best. Limiting alcohol consumption and limiting the use of tobacco is also another big immunity-booster

3. Wash with Soap and Water
Though it’s natural to want to sanitize everything, remember that handwashing with soap and water should be your first choice. Washing your hands with soap and water physically removes germs. When doing this, be sure to lather your hands with soap for 20 seconds before rinsing it away with water. However, if you don’t have access to soap and water, hand sanitizer is a good back up. Make sure to buy a sanitizer with 60% alcohol or more.

4. Sleep
Sleep plays a huge role when it comes to our immunity. It’s our body’s natural way of repairing the immune system. By getting a full seven to eight hours of deep sleep each night, it can help keep our bodies stay aware of potential unwanted pathogens.
Here’s the bottom line. When we get back down to basics of taking care of ourselves, practicing better handwashing hygiene, not touching our face, nose, or mouth area without washing our hands, and respecting the space of others to limit exposure is how we will get through this and any other flu-type of season.
 


コロナウイルス、またはCOVID-19が国際的に発生しているため、パニックが起きています。 皆が最悪の事態に備えているため、店舗ではバルク食品、パーソナルケア用品、石鹸、手指消毒剤などの消耗品が不足しています。
 
このパンデミックがどれだけ続くかわからないのは恐ろしいことですが、希望を持ち続けることが重要です。 ジョン・ホプキンス大学 は、「2020年3月9日現在、インフルエンザは COVID-19よりもアメリカ人への影響が大きい。」 そして、あまり注目されていないことは、世界中の50,000人以上がCOVID-19から回復したことです。
 
このウイルス、または何かしらのウイルスの浸食を防ぐために、免疫力を損なわないようにすることが違いを生むものです。 心と体の両方を強化して、免疫力を自然に改善するための簡単なヒントをいくつかまとめました。
 
1. ストレス軽減
ストレスは、私たちを病気にする初歩的な原因の1つです。 脳の健康、消化器系、体重、免疫力などに影響を与えます。 コルチゾールのレベルが正常範囲内に保たれない場合、身体の治癒能力を物理的に混乱させる可能性があります。 最新のフィットネストレンドはこちら

2. 栄養豊富な食品を食べる
果物や野菜などの栄養豊富な食品で構成される食事を続けることは、私たちの体の免疫反応に直接影響し、病気から保護するのに役立ちます。 ビタミンC、プロバイオティクス、グルタチオン、亜鉛、ビタミンDを必ず摂取して、免疫システムが最高の状態で動作するようにしてください。 アルコール摂取を制限し、タバコの喫煙を制限することも、別の大きな免疫ブースターです

3. 石鹸と水で洗う
すべてを消毒したいと思うのは自然なことですが、石鹸と水で手洗いするのが、最初に選択すべきであることを忘れないでください。 石鹸と水で手を洗うと、細菌が物理的に除去されます。 これを行うときは、石鹸で20秒間泡立ててから水で洗い流してください。 ただし、石鹸と水を使用できない場合は、手指消毒剤を使用すると便利です。 60%以上のアルコールを含む消毒剤を必ず購入してください。

4. 睡眠
睡眠は、免疫力に関して大きな役割を果たします。 睡眠は、免疫システムを修復するのに自然な方法です。 毎晩7〜8時間の深い睡眠をとることで、身体が潜在的な望ましくない病原体を認識し続けることができます。
 
これが私の中の最低限意識している事です。 私たちが自分自身をケアし、より良い手洗いなどの衛生管理を実践し、手を洗わずに顔、鼻、または口に触れないようにし、露出を制限して他の人のスペースを尊重することが、私たちが今回の事や、その他の季節性インフルエンザをやり過ごす方法だと思います。
 

 

LA、NYにおける最先端のフードメソッド

 

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今日は、「TOTAL FOODS」の食事の考え方、についてお伝えしてまいります。

 

TOTAL FOODSは、アメリカの食のカルチャー(特にLAとNY)を、長年に渡りリサーチしながら、それを元に、日本人に見合ったカタチにカスタマイズしています。

なぜ、アメリカか?と言いますと、それにはこんな背景があります。

まず、アメリカ人の死因の第一位は、心臓疾患です。

日本人の死因の第一位が「ガン」であることとは対照的な結果です。

このような結果がでる直接的な原因としては、「肥満」があります。必要以上の脂肪は、心臓に負担をかける、ということになりますが、今もなお、アメリカ人の成人の3分の2は肥満であるといわれています。

そのなかで、ダイエットや食生活を気にする人もとても多く、フィットネスユーザーはアメリカ全土で17.4%。日本人のフィットネスユーザーは4%ですから、これだけを見ても、アメリカはカラダやダイエットへの意識が大きく違うことが分かっていただけるかと思います。

さらに、アメリカにおいて食の研究が進んでいる理由として、「保険料が異常に高い」ということがあげられます。

保険を払っていれば、万が一、大きな病気になたとしても助かる可能性が高まりますが、実際のところは、約6割の人たちは保険を払えてない。なので、死因につながる原因を事前に排除しておくことが、自分の生活を守る意味でもすごく大事なことになります。

分かりやすい例を挙げますと、かつてアメリカでは、電話で保険を申し込む時、体重と身長を伝えることによって、保険料保険料が決まっていました。現在では、血糖値や体脂肪率なども考慮され、体脂肪率が男性で23%以下、女性で30%以下、であれば保険料が安くなる。そんな傾向もあります。

つまり、体脂肪率に対して付属してくる要素が多いため、アメリカはダイエットの先進国にとなっていきました。ものすごく研究が進んでいます。

ちなみに、著名人など影響力が高い人達は「ダイエット」を発信することで、もっと影響力を広げられることが分かっているため、マドンナ、ジェニファーロペス、といったアーティスト・モデル・女優たちも、カラダつくりのことを世の中に広めている、そんなベースがあります。

次回は、ダイエット先進国アメリカで一世風靡した「ダイエットメソッド」について、詳しくお伝えしてまいります。お楽しみに。

 

パーソナル・トレーナー

池澤智

 

トータル・ワークアウトのトレーニングコンセプトは、『効率のいい体つくり』

TWorkout Journal TEST

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

今では日本中にたくさんのスポーツジムがあり、沢山のトレーナーが存在しています。

そんな中で、

「トータル・ワークアウト(以下TW)はどんなトレーニングをするんですか?」

「TWのトレーニングは、何が違うのでしょうか?」

「何故、TWには一流のアスリートや、ミス・ユニバース・ジャパンのファイナリスト、著名人の方までもが、多く通っているのでしょうか?」

「どうして、結果がでるのでしょうか??」

こんなストレートなご質問を、日々いただきますので、お答えしていきたいと思います。

結論から申し上げますと、私たちTWがプログラムするトレーニングは、「効率」と「結果」を何よりも重視したトレーニングをご提供しています。

TWに来られる会員の皆さまは、痩せたい・筋肉をつけたい・健康維持したいなど、その人によって色々な目的がありますが、実は、それらを全て叶えることができる、たった1つのことがあります。

それは、『筋肉をつくること』です。

ここで誤解のないようにお伝えしたいのは、「筋肉をつくること」というのは、見た目がゴツゴツムキムキする、というカラダつくりのことではありません。

これはどういうことか?できるだけ分かりやすく、目的別に丁寧にお伝えしてまいります。

 

<健康になりたい人>

毎日を健康的に過ごしたい。そういった目的がある方は、筋量を増やすことによってもっとアクティブに活動することができるようになります。何故ならば、食べたものをエネルギーに変える、つまり「代謝」をあげることができるようになるからです。

私たちは、24時間、立ったり、座ったり、歩いたり、眠ったりしますが、その全ての活動は、食べたものから得られたエネルギーによって、動かされています。

ここで大切なのは、食べたものはそのまますぐにエネルギーになるわけではなく、食べたものは「筋肉」を介在することによって、エネルギーに変わります。つまり、トレーニングによって筋量を増やすことで、食べたものをしっかりとエネルギーに変えて、毎日の活動に役立てていくことができるようになるのです。

 

<体を大きく、たくましくしたい人>

この目的を持たれている皆さんは、トレーニングをすることによって、筋肉をつけて、体を大きくする。これについては比較的イメージがしやすいかと思います。
 

<痩せたい人>

「痩せたい」という目的を持たれてジムに来られる女性の多くが、こんな風に仰います。「筋肉はつけたくないけれど、痩せたい!」と。

・トレーニングしたら、ムキっとなってしまいそうで不安・・・

・筋肉がついて、むしろ体が大きく太くなってしまうんじゃないか?

そんな懸念をされる方も少なくありません。

「筋肉がついてしまう運動はしないで、ただただ、痩せたい!」

そんなな方がとても多いです。笑

ではここで、「痩せる」ということは、一体あなたのカラダのなかで何が起こっているのか?整理してみたいと思います。

 

ー痩せるメカニズムー

まず、食べたものをエネルギーに変える比率が高ければ高いほど、痩せやすいカラダであるということが言えます。

食べたものをエネルギーに変えられないと、食べたものがカラダの中に溜まってしまうので、その結果、太りやすくなります。冒頭にお伝えした通り、食べ物をエネルギーに変えるためには、「筋肉」が絶対に必要なので、筋量を増やして、代謝をあげる。これが痩せることに確実につながると言えます。

 

ー代謝をあげるために必要なことー

代謝について、もう少しわかりやすくお伝えしますと、代謝を起こしている部品、それが筋肉です。筋肉を「釜」と考えて、その中に「エネルギー」が入ってそれを沸かしている。だから「筋肉=釜」が大きいほど、たくさんのエネルギーを作ることができるので、痩せるためには、まずは筋肉をつくることで代謝をあげ、食べたものを効率的にエネルギーに変えていくことができるカラダつくりが必要になります。

筋量が増えると、食べたものが溜まりにくいカラダになれる、そんなイメージです。

代謝をあげて太りにくいカラダになる原理はイメージできましたでしょうか。

とすると、次にこんなご質問もでてきますね?

「つまり、痩せるためには、代謝をあげることが必要」

「代謝をあげるには、筋量を増やすことが必要」

「ということは、やっぱり、ムキムキなカラダにならないといけないのでは???」

はい。世の中の女性の皆さん、ご安心ください。

代謝の高い太りにくいカラダ、痩せやすいカラダを手に入れても、あなたのカラダはムキムキマッチョにはなりません。お約束いたします。

例えば、日本代表として、ミスユニバースの世界大会にでる美女たちも、私としっかりトレーニングをして、本番に向けて筋量をあげます。カラダのラインがぴったりとでる衣装を身にまとっても、ムキムキマッチョなカラダの美女がいないことは、皆さまもご存知かと思います。

トレーニングしてもムキムキマッチョにならず、美しいカラダになれる方法。

次回のコラムでお伝えさせていただきます。

お楽しみに。

 

パーソナル・トレーナー 池澤智

 

パーソナル・トレーナーという職業はハリウッドで生まれました

パーソナル・トレーナーの池澤智です。

ここ数年、パーソナル・トレーナーという職業が日本でも広く知られる時代となりました。

「時代」と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、トータル・ワークアウト設立当時、日本では、ほぼ誰も知らないような職業の1つだったのです。

2001年、トータル・ワークアウトの創設者、ケビン山崎が、米国シアトルから日本に持ってきたのがパーソナル・トレーニング。

日本でパーソナル・トレーナーの育成をスタートしながら、1号店を東京都港区三田でスタートさせたのが、日本におけるパーソナル・トレーナーの発祥となります。

私たちトータル・ワークアウトが、日本におけるパーソナル・トレーナーの先駆けです。

ここ数年では、パーソナル・トレーニングというものが、1つのステータス、流行のように感じられている方もいるかもしれません。そしてこんな印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

「パーソナル・トレーナーは、アスリートのための職業でしょうか?」

トレーニングする人=アスリート。そんなイメージは強いかもしれませんね?

実は、パーソナルトレーナーは、米国LA・ハリウッドから、全米に広まった職業なんです。

 

<ハリウッドスターのカラダを作る>

映画「ターミネーター」におけるパーソナル・トレーナーの活躍は、ちょっとしたムーブメントになりました。

女優リンダハミルトンの、出産後26.5%あった体脂肪率を9%まで落とせる人はいるか?そんなオファーがハリウッドから発信され、数名のパーソナル・トレーナーが手を挙げました。

ターミネーター1ではややふくよかで女性らしいカラダをした彼女は、ターミネーター2では精神病棟に入っている役設定のため、かなりハードコア(ムキムキ)なカラダをしており、極限まで絞り、筋肉のラインがくっきりと分かるカラダを表現する必要がありました。

その時採用されたパーソナル・トレーナーが短期間で結果をだしたことにより、ハリウッドではパーソナル・トレーナーの認知、ステータスが一気に上がりました。

女優(俳優)の報酬と比例してパーソナル・トレーナーの報酬も決められていましたので、1本の映画で1人の女優(俳優)を担当すると、だいたい2000万〜程度の報酬を受け取れる。それくらい評価されている職業になります。

弁護士や、医者のように、困ったことを解決できる職業。しかも、肉体に返って来る。そんなすごい職業がパーソナル・トレーナーなのです。

 

<映画の世界から、スポーツの世界へ>

カラダをあれだけ変えられるならば、スポーツ選手に対するパーソナル・トレーニングも効果的なのでは?そんな発想から、コンディショニングトレーナーや、アスレチックトレーナーだけでなく、パーソナル・トレーナーがスポーツ界でも採用されるようになりました。

トータル・ワークアウト創業者のケビン山崎は、スポーツ選手のトレーニングを得意としていました。米国で花形スポーツの1つである、アメリカンフットボールの選手を軒並みトレーニングし、結果を出し続けたことによって、さらに支持を集めた、そんな背景があります。

 

<米国でパーソナル・トレーニングジムができるまで>

ハリウッド女優や、一流のスポーツ選手の周りには、必ずお金持ちのスポンサーがいます。そのスポンサー(=セレブの人)たちは、カラダが変わっていく様子を見ていて、こんなことを言うようになりました。

「ケビン、俺のカラダも変えてよ?」

この一言から、ケビン山崎がパーソナル・トレーニングジムの一号店を、シアトルに設立することが決まり、セレブの人が自分のカラダを変えていくと、さらにその人の奥さん、その友達、その友達・・・と、あっという間に、多くのセレブ達がパーソナル・トレーナーをつけるようになりました。

米国ではこのような流れで、特にセレブが集まるエリアにおいて、パーソナル・トレーナーのステータスは不動のものとなりました。

そんなパーソナル・トレーナー、という職業を私たちが日本でどのように展開していったのか?その辺りをもう少し詳しく、次のコラムでお伝えしてまいります。お楽しみに。

パーソナル・トレーナー 池澤智